KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

大蔵村の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです。

 

2019年9月

 

山形県最上地方大蔵村の

歴史と史跡調査を行いました。

 

庄内藩や秋田本荘藩の参勤交代、

最上川舟運や出羽三山へ向かう

宿場町として栄えた歴史等を

ご紹介出来たらと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

大蔵村の歴史と史跡をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191010230109j:plain


大蔵村役場

 

明治22年、

合海町・赤松・清水町・南山の

4か村が合併したのが

大蔵村になります。

 

大蔵村の地名の由来は

戦国時代、この地を統治した

最上義光の三男、清水義親が

大蔵大輔(おおくらだいふ)と

名のっていたことから

大蔵村という地名の由来となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191010230044j:plain

 

白須賀遺跡

 

古代の時代、

同町にあります白須賀遺跡からは

縄文土器が発見されるなど

最上川の豊かな土壌を背景に

集落が形成されていた

形跡が残されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191010230259j:plain

 

清水城 大手門跡

 

中世になりますと

1476年山形最上氏によって

庶族であります成沢満久を

この大蔵村清水の地に遣わし

名を清水氏と改めて

清水城を築城し統治を始めます。

 

戦国時代に入りますと 

清水氏は嫡男に恵まれず

宗家であります最上義光から

三男、義親が養子に入り、

清水義親と名を改め清水城を中心に

城下町の整備を進めましたが、

 

1614年

豊臣方に通じたと疑惑を持たれてしまい

山形城主で腹違いの兄、

最上家親に奇襲され義親は自害、

清水城は廃城となりました。

 

清水氏が滅亡後、新庄を拠点にする

最上家臣、日野将監の

管理下に置かれますが

 

1622年

最上家の改易されると

戸沢氏が入部し新庄藩を立藩し

幕末まで統治される事となりました。

 

清水氏と清水城の歴史と史跡は

こちらの記事で詳しくご紹介しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191010231130j:plain

 

光明寺跡

 

大蔵村にあります光明寺跡

清水氏の息女で最上義光の側室になった

清水御前が開基されたお寺で

 

清水御前は19才で山形城に迎えられ

義光が亡くなるまで敬愛され、

 義光が亡くなった後、

故郷清水に戻り尼となり

光明寺で生涯を閉じました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191010235333j:plain

 

清水河岸

 

中世の時代から

大蔵村にあります最上川は

日本海と最上川を通り

村山地方を結ぶ物流の拠点として

重要な戦略的な地域でありました

 

江戸時代に入りますと

舟運の中心地が大石田に移されますが

最盛期程ではありませんが

北前船から最上川舟運で運ばれる

新庄藩の重要物流拠点として栄えます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191010232045j:plain

 

清水町村本陣跡

 

また内陸地方とと庄内地方をを結ぶ

交通の要所だった歴史を持っており

庄内藩の参勤交代での使用や

舟形街道を通り出羽三山へ向かう

行者や参拝客の宿場町として栄え、

 

奥の細道で有名な松尾芭蕉も

上流の本合海から乗船し湯殿山へと

向かったと記録されております。

 

写真の清水村本陣跡は

参勤交代で訪れた藩主が

宿泊や休息が行われた場所で

大蔵村清水では古い宿場町の

雰囲気が残されておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191011000059j:plain

 

 永松銅山 大蔵鉱山

 

明治期になりますと

肘折温泉近くにあります

永松銅山、大蔵鉱山の 

大規模な採掘が始まり

最盛期には従業員1200人

産銅年800tを越えましたが

第二次世界大戦後に

エネルギー転換により衰退し

閉山となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191028000714j:plain


肘折温泉

 

現在大蔵村ではお蕎麦トマトの

栽培が盛んに行われており

観光スポット肘肘折温泉は湯治場として

多くの観光客が訪れております。

 

自然豊かで歴史や史跡が豊富に残る

大蔵村にぜひ訪れてください

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

 

アクセス方法はこちらです

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

スポンサーリンク