KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

肘折温泉の歴史と史跡をご紹介!♨️

どーもKABUOです。

 

山形県大蔵村にあります

肘折温泉の歴史と史跡、

そして温泉街や観光スポットの

ご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

肘折温泉の歴史と史跡をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024024939j:plain

 

日本有数の豪雪地帯、肘折温泉。

 

冬には4mも降り積もる

豪雪地帯の温泉街ですが

冬にはしっかりと道路は排雪され

アクセスも良好となっており、

 

毎年冬には巨大な雪だるまが作られ

雪国ならではの趣向を巡らせ

観光客を大いに楽しませております

 

 

肘折温泉の場所はこちらです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024025024j:plain

 

地蔵倉

 

肘折温泉の開湯の歴史ですが

 

807年

 豊後国(今の大分県)よりやって来た

源翁によって発見されたと

伝えられております。

 

伝説では源翁が道に迷っていた時に

洞窟でお坊さん(地蔵菩薩)と出会い

道案内をしてもらうかたわら

お坊さんが肘を折った際に

治療した温泉を教えられ、

ここに住んでもらい世の人々に

この温泉を知らせて欲しいと

頼みこまれました。

 

その後洞窟を地蔵倉、

温泉を肘折温泉と名前を付けて

守り続けたという伝説が残されており、

現在でも地蔵倉のお堂が残され

商売繁盛や縁結びが叶うとされ

多くの参拝客が訪れております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024025947j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024030013j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191025205819j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024030056j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024030124j:plain

 

肘折温泉が温泉場として栄えたのが

1390年頃の室町時代だとされ

月山登拝道として「肘折口」を

開削してからだとされ、

 

1709年の記録には

2日で12115人も参拝者が宿泊し

大盛況だったと記録が残されており

歌人斎藤茂吉や宰相原敬も訪れた

歴史のある温泉です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024030422j:plain

 

小松淵

 

肘折温泉の下流にあります

こちらの小松淵。

 

豪雨を降らせたり、田畑を荒らす等

村民に大きな被害をもたらす

大きな大蛇が小松淵に住み着き

新庄藩二代目藩主、戸沢正誠の命により

勇将小山八郎によって討伐されたとの

伝説が残されています。

 

新緑や紅葉の季節に応じて

小松淵では様々な美しい風景が

楽しむことが出来る

おすすめスポットです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024031334j:plain

 

 秋葉山の石碑

 

火伏せの意味合いを込めて

当時天下に名僧として知れた

宮城県瑞凰寺住職、南山和尚によって

文字が掘られた石碑が残されており

 

その後、江戸中期以降一度も

大火に見舞われず肘折集落は

安泰に暮らしたと伝わっています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191025210306j:plain

 

季節によりますが

春には山菜、秋にはキノコが

お土産屋さんにならび

田舎ならではの旬の味覚が味わえ

またお土産にもぴったしです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191025211730j:plain

 

石抱温泉

 

肘折温泉の秘湯、石抱温泉

旅館えびす屋さんが管轄している

野ざらしの天然露天風呂。

 

炭酸を多く含んでいる為、

体が浮かび上がる事から

石抱温泉と名前が付いており

温度は38℃とゆるま湯ですが

100%天然温泉は肩まで浸かれば

不思議と身体はポッカポカになります。

 

野ざらしのため虫とかゴ

浮いておりますが

旅館えびす屋さんに連絡しますと

清掃を行って頂けますので

入浴にチャレンジしてみてください。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191024032800j:plain

 

旧肘折郵便局

 

お客さんは山形で有名な

銀山温泉には負けてしまいますが

のんびりとした時間が流れ

お客さんで込み合っていませんので

温泉に浸かりゆったりしたい方に

お勧めする温泉街となっております

 

現在も古い湯治場としての

雰囲気を色濃く残しています

肘折温泉にぜひ訪れてみてください

 (´▽`)

 

以上

肘折温泉の歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

スポンサーリンク