KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

尾花沢市 延沢城と戦国武将野辺沢氏の歴史と史跡をご紹介!🏯

どーもKABUOです

 

山形県尾花沢市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました

今回は尾花沢市延沢地区にあります

延沢城と戦国武将野辺沢氏をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

延沢城と戦国武将野辺沢氏の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621132734j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621132940j:plain

 

延沢城跡(常盤小学校)

 

別名霧山城と呼ばれる延沢城。

1547年、野辺沢満重によって

標高297m程の古城山に

築城された連郭式の山城になります。

 

延沢城があります延沢地区は

737年、出羽国雄勝の蝦夷を討った

大野東人によって多賀城から出羽国を通る

軍道として軽井沢越最上街道が開削されると

北は尾花沢、南は村山市楯岡に向かうなど

古くから交通の要所として栄えました。

 

常盤小学校の敷地内は

平時の際に使用された屋敷跡があったとされ

小学校近くの常盤地区公民館に

車を停められる駐車場が完備されていますので

そちらからお城の方に向かうことができます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621133916j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621133943j:plain

 

本丸までの山道

 

野辺沢氏の出自は詳細は不明な点が多いですが

本性が日野という名前で鎌倉時代、

東根市を中心に小田島荘を統治しておりました

小田島長義とつながるとする説が

考えられておりますが定かでは無く、

野辺沢銀山の銀の採掘を背景に

村山地方でも有力な国人衆と目されるほど

強大な財力と武力を保持しておりました。

 

お城の入り口までは

常盤小学校裏手から進む事ができ

本丸までは道がよく整理されておりますが

急勾配が続き歩くと汗をかきますので

飲み物やしっかりとした靴を

準備する事をおすすめします。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621135806j:plain

 

古殿実相院

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621135532j:plain

 

 延沢地区古殿

 

野辺沢満重の子、満延の時代、

1577年、村山統一を目指す最上義光と

天童城主天童頼貞との間に亀裂が生じ

戦いの火蓋が切って落とされると

天童氏は北村山地方を中心とした

国人衆と供に同盟を結び天童八楯を結成。

野辺沢満延は天童八楯の中心人物の一人として

義光軍勢に対し徹底交戦を行い

最上勢を大いに苦しめる事となりました

 

延沢地区に古殿という地名があるのですが

父満重が満延に家督を明け渡した後、

この地に隠居した事が地名の由来になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621141237j:plain

 

延沢八幡神社

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621140725j:plain

 

円照寺 六沢観音

 

天童頼貞との戦いの後、

両者は矛を収め一旦和睦を行いましたが、

虎視眈々と最上義光は策略を巡らせます。

義光は強大な力を持つ野辺沢満延に

長女松尾姫と満延の嫡子又五郎の

縁談を申し込み懐柔を試みると

満延は自分を高く評価してくれ事に

非常に喜び縁談を了承、

同盟軍から離脱する事となりました。

 

満延の離脱は同盟軍に大きな衝撃を与え、

次々と同盟軍が最上傘下へと下り

天童八楯が瓦解する事となります。

天童頼貞の死後、嫡子頼澄と天童家臣団は

最上勢に対し最後まで抵抗を試みるも

1584年、天童城は落城、

満延は最上家の重臣へと取り立てられ

延沢2万石を与えられました。

 

延沢八幡神社は野辺沢満延によって

京都から槍を持ち込ませ建立した神社で

地域の鎮守として厚く信仰されております。

円照寺は野辺沢氏によって中興開基され

お寺の境内にあります六沢観音は

最上三十三観音23番札所でもあり

嫁いだ松尾姫の墓所が残されております。

 

天童氏との戦いを詳しく記載した

記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621150542j:plain

 

龍護寺山門

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621150651j:plain

 

延沢観音

 

満延には嘘か本当かわからない

面白い逸話が残されており、

山形両所宮の鐘を1人で外し

尾花沢市鶴子まで持ち運んだ話や、

剛力ぶりを試そうとした義光が

逆に追い詰められ太い桜の木に

しがみついて逃れようとしたところ、

義光ごとそのまま木を根こそぎ

引っこ抜いたとの伝説が残されているなど

剛力の武将として名をあげ最上四天王と

呼ばれるほどの豪傑な武将でした。

 

しかし1591年、

野辺沢満延は病に倒れ死去、

家督を嫡子光昌(又五郎)が引き継ぎ

最上義光と共に数々の戦に従軍、

東北の関ヶ原、慶長出羽合戦の際

延沢城は上杉軍の猛攻により落城しましたが

延沢光昌は長谷堂の戦いや

後詰めの庄内征伐にに参加し

武功を立て活躍する事ができました。

 

延沢地区にあります龍護寺は

野辺沢氏の菩提寺として厚く信仰され

山門は延沢城の三の丸大手門から

移築したと伝えられております。

また境内にあります延沢観音は

最上三十三観音22番札所で

多くの参拝者が訪れております

 

長谷堂の戦いを詳しく記載した

記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180720224334j:plain

 

 上柳渡戸地区

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621151926j:plain

 

下柳渡戸地区観音堂

 

関ヶ原の合戦後、

山形藩を立藩した最上家でしたが

最上義光死後、家中は内紛により大変乱れ

1622年、江戸幕府の命により

最上家は改易、野辺沢氏は

肥後国熊本藩にお預けの身となります。

 

その後、

山形藩に鳥居氏・保科氏が入部すると

当時最盛期を迎えた銀山の

採掘事業を統治する為、

延沢城に家臣を入城させましたが

1644年頃から銀の採掘が減少を辿り

1667年、幕府より廃却を命じられ

延沢城は廃城となりました。

 

尾花沢市上柳渡戸地区と下柳渡戸地区は

延沢銀山の開発に伴い

延沢家没落後この地に残った家臣団が

帰農し集落を形成した歴史があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621000851j:plain

 

霧山城の碑

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200621001056j:plain

 

延沢城跡のスギ

 

現在お城跡には霧山城の碑が建立されており、

本丸跡にあります大杉は延沢城跡のスギとして

県指定天然記念物に指定され

延沢銀山遺跡跡として国指定史跡に

登録されてされております。

山形県尾花沢市にお越しの際は

銀山温泉と一緒に観光に訪れてみてください。

 

以上、

延沢城と戦国武将野辺沢氏の

歴史と史跡をご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

延沢城のアクセスはこちらです。

 

北村山地方のお城跡

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク