KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 滝山地区の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです

 

2019年

山形市滝山地区の歴史と史跡の

調査を行いました。

 

滝山地区は阿古耶姫伝説や

陶芸が有名な平清水地区、

古代の時代から山岳信仰の信仰場として

盛大な勢力を誇った瀧山(りゅうざん)

信仰があった歴史的な場所ですので

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

滝山地区の歴史と史跡をご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190804232149j:plain

 

滝山小学校

 

滝山地区は瀧山の麓に位置しており

古代の時代には瀧山を信仰した

山岳信仰の場として盛大に栄えた

歴史を持つ地区になります

 

1889年

前田、平清水、小立、岩波、八森

土坂、神尾、青田、中桜田、上桜田

元木の11ヵ村が合併して滝山村が発足

 

そして1954年

山形市に編入されます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190804233554j:plain


東北芸術工科大学

 

昔は静かな農村地帯でありましたが

1991年に東北芸術工科大学が

設置され現在は新興住宅街が

集まる町並みに変わって行きました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191128215050j:plain

 

三百坊の石鳥居

 

滝山地区を代表する瀧山

山岳信仰の拠点として

平安~鎌倉時代まで麓には

300の坊があったほど

一大勢力を誇った歴史がありました

 

瀧山信仰の歴史と史は

こちらの記事で紹介しております

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190804234412j:plain

 

平清水焼き

 

陶芸の里として知られている

滝山地区平清水

 

平清水の名主と平清水の住職が

平泉寺窯を造り、粗陶器を焼いたのが

始まりとされ文化年間(1808~1818)

常陸の小野藤治平が陶器の製法を

伝えた事が平清水焼きの起源となり

同地区には数多くの陶器の工場があり

現在でも数多くの作品を

産み出しております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190805000840j:plain

 

名勝はずかし川

 

平清水近くに流れる恥岸川

 

その昔、父・実方を慕ってきた

十六夜姫(いざよい姫、中将姫)が

長旅の最中にこの川を渡ろうとした時

自分のやつれた醜い姿が

水面に写った事に驚き

 

「いかにせん うつる姿は九十九髪

わかおもかげは はずかし川」

 

と一首詠じましたところ

突然川水が引いた伝えられており

それ以後、恥岸川(はずかし川)と

呼ばれるようになった逸話があります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190804235436j:plain

 

春日神社

 

平清水地区にあります春日神社。

 

戦国時代には最上義光家臣

氏家氏が住む平清水館があったとされ

案内板もなく遺構が

殆ど消失しておりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190805000230j:plain

 

平清水のひいらぎ

 

山形最上家の客臣として

迎えられた平清水氏によって

魔除けとして植えられたと伝わっており

山形県指定天然記念物に

登録されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190805002049j:plain

 

耕龍寺・平清水観音堂

 

最上三十三観音第6番の礼所で

平清水陶芸の祖

小野藤治平のお墓があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190805003953j:plain

 

平泉寺

 

平泉寺境内には4月になると

天然記念物に指定されている

しだれ桜が咲き誇り滝山地区

住民自慢のお花見スポットになります

 

また最上家家臣氏家氏に寄進された

鉄鉢が山形指定文化財に

指定されておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190805004909j:plain

 

平泉寺・大日堂

 

平泉寺境内にあります

こちらの大日堂は

平清水奥地にあります新山に

737年、行基が創建したとされ

鎌倉時代には東北の祈願所

最上家時代は代々寺領を賜る

天台宗の古刹になります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191128224553j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191128224704j:plain

 

千歳山萬松寺

 

千歳山萬松寺は今から1300年前

阿古耶姫によって開基された。

 

阿古耶姫の父は

藤原鎌足の曾孫藤原豊充郷の

朝廷の命により陸奥に下って

役命を努めておった

阿古耶姫はこの地に来て生涯を終え

萬松寺に葬られたと伝わっており

山形市のシンボル千歳山の

地名の由来となっております

 

お寺の山門は最上家始祖

斯波兼頼が建造した

山形城南門でありましたが

最上義光の時代、山形城の改築にあたり

萬松寺に寄贈されました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191128221536j:plain

 

千歳山稲荷神社

 

萬松寺近くにあります千歳山。

 

祭神は食物や穀物を司る

豊受大神を祀っており

山形城に入部した斯波兼頼が

山形城を築城しようとした時、

配下を千歳山に登られせ

城の配置を見定めたそうです。

 

その際、あたりは霧が立ち込め

市内を見渡すことが出来ない中

山中で稲荷神と出会い祈りを捧げたところ

霧が晴れ城の方位を見定めたとの

逸話が残されております

 

以上、滝山地区の歴史と史跡の

ご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

こちらが今回の地図です

 

スポンサーリンク