KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

瀧山信仰の歴史と史跡のご紹介!⛩️

どーもKABUOです。

 

山形市滝山地区にあります

平安~鎌倉時代に

一大霊場として栄えた

瀧山を中心に歴史と史跡を

ご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

瀧山信仰の歴史と史跡をご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191119010252j:plain


元木の石鳥居

 

蔵王連峰に位置する

標高1362mあります瀧山。

 

古くは霊山と呼ばれ

古来より信仰の山として崇められ

近在近郷の農村では水の神として

信仰が厚かったとされます。

 

霊山が瀧山に変わった時代は

明らかになっておりませんが、

山形近辺の開田が進み農業用水の

問題が深刻になり、雨乞いのために

竜王の祈りが行われるようになって

からだといわれています。

 

こちらの元木の鳥居は

造立は平安時代だとされ

日本でもっとも古い鳥居の

一つとして数えれており

山形市成沢にあります

八幡神社の石鳥居とともに

瀧山へと登る参道口でありました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191119012329j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191119012425j:plain

 

石行寺と観音堂

 

瀧山の歴史は平安時代、

慈覚大師によって開山され

山頂に薬師如来を祀り

瀧山寺を開創された事から

瀧山信仰が始まります

 

その後、数多くの行者が

参拝に訪れる事となり

大伽藍や三百の宿坊が建立され

大いに栄える事となりました。

 

こちらの石行寺さんは

瀧山に通じる参道に位置しており

こちらも慈覚大師によって

創建されたと伝わるお寺で

石行寺観音堂は最上三十三観音

第七番礼所として古来より

多くの人々の信仰を集めてきました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191119013241j:plain

 

奪衣婆

 

瀧山の参道を登る途中にあります

古びた奪衣婆の像。

 

特に説明や案内板がありませんが

当時の名残を感じる事が出来る

貴重な史跡跡となっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191119013637j:plain

 

三百坊の鳥居

 

鎌倉時代、西の出羽三山とともに

最盛期を迎えた瀧山でしたが

時の執権であった北条時頼が

廻国中この地を訪れた際、

修験僧が邪なことをしていた為、

時頼が閉山に追い込んだと

鎌倉時代の記録書に残されていますが

 

しかし同時代に多くの山岳信仰拠点が

閉山に追い込まれていた事から

幕府に従わない強大な勢力を

誇ってしまった為、閉山を命じたのでは

ないかという説も有力視されております

 

こちらの三百坊の鳥居は

瀧山信仰の再興を願い麓の信者によって

1866年に建立され

瀧山信仰の名残りが残されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191119022532j:plain

 

瀧山寺

 

その後、瀧山の閉山によって

修験僧は追放され麓に下り

山形市中桜田に新たに瀧山寺を再建し

瀧山大権化を祀ったと伝わっており、

現在は新興住宅街に囲まれ

当時最盛期の規模を誇った

瀧山信仰の面影が残されておりました。

 

以上

瀧山信仰の歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

 

 

 

こちらが今回の地図です

 

スポンサーリンク