KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 東沢地区の歴史と史跡をご紹介!(蔵王山信仰への道編)🏞️

どーもKABUOです。

 

2019年

山形市東沢地区の歴史と史跡の

調査を行いました。

 

同地区は蔵王連峰へと向かう

行者や参拝者が多く訪れた

修験道で栄えた歴史があります

 

今回、その参道筋にありました

史跡やお寺を中心に

地区の歴史をご紹介します

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

東沢地区の歴史と史跡のご紹介!

(蔵王山信仰への道編)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191117004335j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191117004443j:plain

 

蔵王大権現

 

 宮城県と山形県をまたがる蔵王連峰。

 

その昔、

不忘山(わすれずのやま)と呼ばれ、

蔵王山の名称は蔵王権化が

この山に祀られた事に由来しており

東沢地区は蔵王山へと向かう

参道の一つが通っておりました。

 

東沢地区下宝沢に鎮座しています

こちらの蔵王大権現は

間近で見るととても迫力があり

蔵王信仰の神秘性を感じる事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191118013013j:plain

 

妙見堂

 

源義経配下、亀井重清が

奥州衣川から落ち延び

妙見山の山頂に

妙見菩薩を安置したのが

現在のお堂となっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191117012646j:plain

 

法来寺の釈迦堂

 

東沢地区釈迦堂の地名の由来になった

法来寺の釈迦堂。

 

山形市有形文化財に指定されている

木造釈迦如来立像は奈良大和の西大寺、

京都嵯峨の清涼寺の釈迦像と共に

日本三釈迦の一つとして伝えられており

 

はじめは馬見ヶ崎北唐松に

安置されていましたが

法来寺の移転に従い

現在のお堂に安置されております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191117014301j:plain

 

賀茂神社

 

樹齢500年と言われてる

ご神木がそびえ立つ賀茂神社

 

1360年

初代山形城主斯波兼頼が

山形城の鬼門にあたるこの地に

京都の上加茂明神の分身を祭ったのが

始まりだとされる古い神社です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191118014245j:plain

 

上宝沢住吉神社 

 

こちらの本殿には藤太夫婦の霊を祀り

奥の宮には豊丸姫と子供三人の像が

祀られており東沢地区には

炭焼藤太と京都一条の豊丸姫に

まつわる伝説が残されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191118015101j:plain

 

蔵王権化碑 

 

蔵王信仰の隆盛時に参道に

10基造立され東沢地区にあります

こちらの蔵王権化碑はその中で

最大級の大きさを誇ります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191118015620j:plain

 

生き別れ地蔵 

 

東沢地区から蔵王山参道を向かいますと

途中から砂利道に入り本格的な

山道へと変わり宝沢口から1㎞程進むと

こちらの生き別れ地蔵に到着。

 

お地蔵様は蔵王山、瀧山、蔵王温泉へ

向かう分岐点に佇んでおり、

蔵王登拝路と蔵王温泉との

別れ道にちなんで、 俗界と霊界、

現世と来世の境という意味から

生き別れ地蔵という

名称の由来となっており

 

ここから参道を登りますと

不動滝やドッコ沼、蔵王山頂まで

到着することが出来ます

 

不動滝やドッコ沼は

こちらの記事で記載しております

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191118020725j:plain

 

この辺りは水質に恵まれ

平成7年には水源の森百選にも選ばれ

蛍が住む綺麗な小川が流れており

自然豊かで古い信仰が残る

東沢地区にぜひ訪れてみて下さい

 

以上

東沢地区の歴史と史跡

(蔵王山信仰への道編)の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

 

 

こちらが今回のアクセス場所です

 

スポンサーリンク