KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

新庄市の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです。

 

山形県最上地方新庄市へ

プチ旅行に訪れました。

 

新庄市の深い歴史が詰まった

史跡を巡りましたので

新庄市の歴史と共にご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

新庄市の歴史と史跡をご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191105234035j:plain

 

新庄駅

 

新庄という名前の由来ですが

現在の東根市付近にあった

小田島荘に対する新しい荘園という

意味がある説と、

大蔵村にあります清水城に対する

新しい城という意味が新庄という

地名になった説があります。

 

1889年

新庄小田島町、新庄沼田町、新庄五日村

新庄十日村、新庄金沢村、飛田村が

合併し新庄町が発足。

 

その後、

稲舟村、萩野村、八向村が編入され

1949年、市制施行され

新庄市となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191105234615j:plain

 

石動神社(いしするぎ)

 

新庄市が文献に登場するのが

奈良時代の頃、

武人大野東人が蝦夷討伐の際、

国府多賀城から色麻柵を通り

尾花沢に至り、比羅保許山に

陣した記録されております

 

こちらの石動神社は古来より

秋田県雄勝地方を結ぶ

古い街道が通っていたとされ

大野東人が蝦夷討伐の際、

戦勝祈願を行い杉を植え、

 

現在その杉は親杉と呼ばれており

山形県指定天然記念物に

指定されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191106002237j:plain

 

判官神社

 

鎌倉時代が始まる前の頃、

兄頼朝に追われ、逃走を図った

義経と弁慶一行が同市にあります

亀割山を越え奥州平泉に向かったとの

歴史が残されており、

 

その時、途中くたびれて休んだ所が

後に休場(やんば)と呼ぶようになり

うとうとしていた所を「うと坂」

 

また新庄市鳥越地区の地名の由来に

源義経が東下りのおり、

暁に鶏の鳴き声を聞きながら

通りすぎた事からから

地名の由来になった事から分かるように

 

新庄市には義経関連の

史跡が由来が残されており

こちらの判官神社には義経が祀られ

安産の神として信仰されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191106005318j:plain

 

八向楯(矢向神社)

 

新庄市一帯は大蔵村に居城を置く

清水氏によって統治され市内には

鳥越楯、角沢楯、落楯、片平楯等

戦国時代の史跡が残されております。

 

写真の八向楯跡は

戦国時代に合海志摩守が築城し

八向地区一帯を統治しておりましたが

最上義光に攻められ水源が断たれ

ついには落城しました。

 

また八向楯中腹にあります

矢向神社は874年に創建された

とても古い歴史を持つ神社になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191106230043j:plain

 

最上公園(新庄城趾)

 

江戸時代、

 

最上義光の領土だったのですが、

1622年、最上家の内紛により

幕府に改易を命じられます

 

その後、常陸の国より

戸沢政盛が最上地方に入部すると

当初、真室川町にあります

鮭延城に入りますが狭小だった為、

現在の新庄市中心部に

新庄城を築城し新庄藩は立藩、

この時より250年に及ぶ戸沢氏の

藩政が始まりました。

 

新庄城と戸沢氏関連の歴史と史跡を

こちらの記事で紹介してます

 

www.yamagatakabuo.online

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191106230902j:plain

 

鳥越八幡神神社

(鳥越楯跡)

 

戸沢氏と関連する神社で

新庄市でもっとも古いとされる社殿で

国の重要文化財に指定されております

 

その歴史ですが

山形件大蔵村にあります

清水城、城主清水大蔵大輔の家臣、

鳥越九右衛門の居城があったところで

鳥越氏は清水氏の家臣団のなかでも

最大の存在だったとされます

 

その後、

鳥越氏は最上義光の家臣となり

1622年の最上家改易後も

最上氏と共に近江へと移り

鳥越楯は廃城となります

 

1638年

新庄、藩初代藩主戸沢政盛の養子

定盛が鷹狩りに出た折に神威を感じ

元々、鳥越楯があったこの場所に

城下を一望できる現地に遷して

社殿を造営し、城下の鎮めにしたと

いわれています。

 

神社を散策しますと

確かに神聖な感じを受け

神威を感じると言う表現は

あながち間違いで無いなと

思いました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191106234042j:plain

 

 鳥越の一里塚

 

戸沢氏が新庄城を築城する

お城を中心に城下町が形成されると

新庄から山形、福島通り

江戸に向かう羽州街道が整備され、

 

江戸へと向かう最中

一里毎に目印となる松やエノキ

ブナの木が植林、整備され

こちらの鳥越の一里塚も

街道があった事の

名残として残っており

市指定史跡として登録されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191106235107j:plain

 

松尾芭蕉乗船之地

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191106235940j:plain

 

芭蕉の句碑と柳の清水跡

 

奥の細道で有名な俳人松尾芭蕉も

新庄に訪れた歴史があります。

 

新庄の風流亭を訪れる予定であった

芭蕉と曽良の一行は

鳥越の一里塚前を通り掛かかり

湧き水溢れる柳の清水で喉を潤し

小休憩を取ったとされ

 

その後風流亭の渋谷甚兵衛宅を

訪れた芭蕉は

「水の奥、氷室尋ねる柳かな」

という挨拶の句を読んだとされます。

 

その後、出羽三山を向かうため

新庄を出発した芭蕉は

当時、新庄から庄内までの道が

掘削されておらず、最上川を

舟を利用して庄内に向かうのが

ポピュラーだった為

 

新庄市本合海から舟で乗船し

最上川の風景に感動した芭蕉は

「五月雨を、集めて早し、最上川」 

という一句を読み

川を渡り出羽三山を目指しました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191107001817j:plain

 

旧矢作家住宅

 

江戸時代後期に

建築された旧矢作住宅

 

こちらの旧家は

元々新庄市萩野にありましたが

新庄市泉田地区に移転した物で

豪雪地方特有の建造をしており

当時の人々の暮らしぶりが

うかがえることから

新庄市重要文化財として保存され

一般開放され見学する事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191107002847j:plain

 

まかどの地蔵

 

接引寺にあります、まどか地蔵

 

豪雪地帯でも知られている

最上地方は多くの飢饉にも

見舞われた歴史を持つ地域になります

 

1755年

この地を襲った酷い冷害による

大飢饉が起こり餓死者が多く

出てしまう悲惨な歴史がありました

 

この餓死者を供養するために

村々の人々が建立したのがこちらの

まどか地蔵で

 

お彼岸の季節になりますと

ぼた餅や団子をお供え

地蔵様の口にあんこ口に付けて

食べさせる風習が

この地では行われております

 

写真を見て気づきましたが

口元があんこで汚れていました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191107003718j:plain

 

 角沢八幡神社

 

幕末の新庄藩は悲惨な物でした。

 

 1868年、戊辰戦争が起こると

旧幕府軍と東北を含む諸藩は

奥州越列藩同盟を結び

新政府軍に抵抗を試みます。

 

当初新庄藩は

同盟軍に属しておりましたが

後に離脱し新政府軍に付くと、

庄内軍は角沢口から

新庄城下に突入し新庄城は没落、

城下は大火に見舞われました。

 

角沢八幡神社は

明治戊辰戦争の際激戦地だった場所で

境内にあります大杉は

市指定天然記念物になっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191107011253j:plain

 

泉田八幡神社

 

こちらの神社には

新庄市指定文化財工芸

戸沢家馬標三階笠が飾られています

 

1590年

豊臣秀吉の小田原征伐の際、

羽州角館の城主であった戸沢盛安

(藩祖政盛の父)が一番乗りの功名をたて

それを本陣の秀吉に知らせるため

とっさの思い付きで足軽の陣笠三枚を

槍にさして振ったといわれており

 以来、戸沢家の馬標は三階笠と

正式に制定されました。

 

現在の馬標は、十一代藩主の正実が

明治戊辰の役で新庄城が落城し、

秋田領に退却する際、

泉田八幡神社に預けていったものと

伝えられています。

(案内掲示板引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191107011704j:plain

 

新庄市エコロジーガーデン

「原蚕の杜」

 

 明治時代、

 

奥羽本線の開通にしたがい

新庄駅が設置されると鉄道の町として

最上地方中心都市として発展し

養蚕や木工業、陸軍に収める

軍馬の馬産地として栄えました。

 

こちらの新庄市エコロジーガーデン

「原蚕の杜」にあります産直まゆの郷は

新庄市で取れる新鮮な野菜や

産物を販売する産直所ですが、

 

昭和の始めの頃養蚕産業を研究する

研究機関が置かれ

平成12年に閉所されるまで

最上地方の産業を支え、

建物は登録有形文化財として

一般開放されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191107021950j:plain

 

雪の里情報館

 

江戸時代豪雪地帯より

多くの飢饉が続いた最上地方では

明治、大正時代に入っても変わらず

農民の多くは貧困に喘ぎ娘を身売りする

家庭が後を絶ちませんでした。

 

そんな中、昭和8年に

雪害救済運動の一貫として

積雪地方農村経済調査所が設置され

雪害に苦しみ農村の救済更生を担う

機関として果たします。

 

現在、雪の里情報館として

当時の建物が開放され

さまざまな雪国農村経済に関する

資料が展示され観覧する事が可能です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191107024020j:plain

 

新庄祭り

 

現在新庄市では

最上地方経済産業の根幹を担い

農業や製造業、観光に力を入れており

江戸時代から続く新庄祭りは

 

2016年

ユネスコ無形文化遺産に登録され

多くの観光客が訪れております。

 

また有名漫画家を多く排出しており

新しい観光スポットとして

注目を浴びておりますので

ぜひ新庄市に観光に訪れてみてください

 

以上、

新庄市の歴史と史跡の

ご紹介でした。 

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

アクセス場所はこちらです。

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク