KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形県金山町の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです。

 

山形県最上地方金山町に

プチ旅行に行ってきましたので

同町にあります歴史や史跡を

調査しましたのでご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

金山町の歴史と史跡のご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102222614j:plain

 

金山小学校

 

金山町の歴史ですが

 

1889年、町村制の施行により

金山町村、有屋村、下野明村、安沢村

上台村、山崎村、中田村、飛森村、

漆野村、谷口銀山村の区域をもって

金山村が発足し、

 

1925年、金山村が町制施行を行い

金山町となります。

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102222721j:plain

 

谷口銀山跡

 

金山町の町名の由来ですが

地内に金銀の鉱山が多かった事から

由来となっており、

江戸時代には新庄藩主戸沢氏によって

こちらの谷口銀山が開発され

藩政を潤した歴史があります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102222820j:plain

 

神室湖と有屋峠

 

金山町が初めて歴史に登場したのが

古代奈良時代の頃、

蝦夷を討伐に参った大野東人が

宮城県多賀城から尾花沢を通り

比羅保許山に軍を駐留したと

記録が残されており、

 

この比羅保許山を同町にあります

有屋付近とする説が有力視されており

中世に差し掛かりますと

神室山を道場とする山岳信仰の場として

多くの行者が修行に訪れ栄えました。

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102222913j:plain

 

金山城跡

 

戦国時代に入りますと金山一帯は

真室川に居城を置く

鮭延氏によって統治されておりましたが

後に最上義光に恭順する事となると

仙北地方を治める小野寺氏に備えるべく

義光の命によって金山城が築城され

有屋峠を挟み両軍が激突する

重要な軍事基地として機能しました。

 

金山城の歴史と史跡の

紹介の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102223144j:plain

 

金山宿

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102223212j:plain

 

羽州街道の松並木

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102223345j:plain

 

中田八幡神社

 

江戸時代

最上家の内紛より

幕府から改易が命じられると

 戸沢氏が入部し新庄藩を立藩、

その後、幕末まで新庄藩による

統治を受ける事となります。

 

江戸時代以前、秋田と金山を結ぶ

主な街道として有屋峠を越える道が

使用されておりましたが、

秋田久保田藩により秋田と新庄を結ぶ

羽州街道が整備されると、

 

途中、主寝坂峠、雄勝峠、森山峠等

厳しい道中が続く事もあった事から

金山宿と中田宿が設置され

参勤交代の際、諸大名が寝泊まりする

宿場町として栄えました。

 

宿場町の雰囲気を残す

金山町を紹介した記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102223446j:plain

 

 大美輪の大杉

 

宿場町の発展にともない

有力な商人が生まれ

堤や新田を築き上げられ、

 

戸沢氏が治めていた時代、

この地は度々冷害と飢餓に

襲われていたことから

米に代わる新たな産物の開発が進められ

金山の寒冷害多温な気候を生かし

生育に適している事から

杉の植林が進められました。

 

そして現在でも金山杉の美杉として

町の特産品となっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102223809j:plain

 

岩円地蔵 

 

金山町下野明にあります

こちらの洞窟には水神様が祀られており

古くから神の座として信仰を集め、

干ばつが続いた時は地元の村々の他、

遠く新庄からも足を運び雨乞いの

参拝が行われ恵みの雨をもたらした

信仰の場所となっておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102224934j:plain

 

仙台藩士戊辰戦没碑

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102225043j:plain

 

 戊辰戦争三本松戦跡

 

幕末の頃、戊辰戦争が始まりますと

この金山町にも戦火が及びました。

 

奥羽越列藩同盟の諸藩と新政府軍は

真室川町主寝坂峠で激突しますと

同盟軍でありました新庄藩は

新政府軍へ寝返った為、

同盟軍は総崩れ。

 

有屋峠、雄勝峠からの

新政府軍の挟み撃ちにあり

写真の三本松戦跡近くで

仙台藩将染川播磨と共に

仙台藩士33人が壮絶な

最後を迎えこの地で戦死しました。

 

その後、 1892年

旧仙台藩士有志によって

追悼碑が建てられる事となります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191102235555j:plain

 

イザベラ・バード記念碑

 

明治時代、

初代山形県令三島通庸によって

羽州街道が改装されると

東北を巡幸する明治天皇や

イギリスの探検家イザベラバートも

ここで3泊休息を行い

自然の美しさとと人情の豊かなことを

日本奥地紀行に記しています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191103000025j:plain

 

大堰公園

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191103001108j:plain

 

きごころ橋

 

現在金山町では

1986年から街並み景観条例をつくり

町全体を統一感のある景観づくりを進め

特産品の金山杉を使った建造物が並び

宿場町の雰囲気を残す

とても美しい町作りを行っております

 

とても見ごたえがあり

またゆったりと素朴な田舎を

楽しめる金山町にぜひ一度

観光に訪れてみてください

 

以上

金山町の歴史と史跡のご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

関連記事

www.yamagatakabuo.online

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク