KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 飯塚、椹沢(くぬぎざわ)地区の歴史と史跡をご紹介!

どーもKABUOです。

 

山形市にあります

飯塚、椹沢(くぬぎざわ)地区の

歴史と史跡の調査を行いましたので

ご紹介させて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

飯塚、椹沢地区の歴史と史跡をご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190801230027j:plain

 

宮浦小学校

 

飯塚、椹沢地区は

山形市の中心部にありながら

自然豊かな果樹園や田園に囲まれ

飯塚地区では特にきゅうりの里と

呼ばれるほどきゅうりの生産に

力を入れている地区になります

 

その昔

山形城から飯塚から飯塚街道を進み

大曽根、山辺町簗沢(やなざわ)

そして白鷹町まで結ぶ街道沿いに

集落を形成した歴史を持っており

 

1889年、飯塚、上椹沢、下椹沢の

村々が合併し城西村が発足しましたが

役場の設置場所を巡り

飯塚地区と上椹沢、下椹沢地区と

対立してしまい合併僅か2年で

分村してしまった歴史がありました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190801231612j:plain

 

日森ヶ岡稲荷神社

 

その昔飯塚地区には

飯塚楯が築城され同地区を統治

こちらの日森ヶ岡稲荷神社は

飯塚楯の中心に創建され

創建年数は不明ですが

最上義光家臣、日野将監の屋敷神が

元との説もあります。

 

また神社境内には

 日清日露戦争の戦没者を祀った

忠魂碑や休み石史跡が残っており

飯塚地区の村社としての

歴史を持つ神社になります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190801235715j:plain

 

めしつか稲荷 

 

日森ヶ岡稲荷神社の

直ぐ向かいにありますこちらの

めしつか稲荷。

 

「めしつか」の由来ですが

社に供えられた握り飯が

まるで塚のように

積まれてあったことから

飯塚の地名の由来となり

 

飯塚楯の鬼門にあたる所に

創建された事から当時は

非常に重要な神社であったと

推測されます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190802000504j:plain

 

楊柳寺 

 

 曹洞宗の寺院で仏前には

山形城主堀田相模守御生母奉納の

斗張が懸かっており

創建は元禄年間とされますが

境内には1357年の板碑があり

古くは中世より何らかの宗教施設が

この場所にあったと思われます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190802001107j:plain

 

椹沢八幡神社

 

こちらの八幡神社

椹沢地区にありました椹沢楯城主

正法寺が楯の鬼門の守護神として

健立したとされ、椹沢住民の

心の拠り所として崇拝し

村内安全、五穀豊穣を祈る念といて

いまに至っております

 

以上、

飯塚、椹沢地区の歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク