KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 本沢地区の歴史と史跡をご紹介!

どーもKABUOです。

 

山形市本沢地区の歴史と史跡の

調査を行いました。

弥生時代の古墳や戦国時代、

最上義光と直江兼続が戦った

長谷堂城等の魅力ある史跡が

多くありますのでご紹介していきます

 

スポンサーリンク

 

 

 

本沢地区の歴史と史跡をご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190722193513j:plain

 

本沢地区は 1889年

明治の大合併が行われた際に

長谷堂、二位田、前明石、菅沢の

各村々が合併し成立した地区で

1956年に山形市に編入され

現在は全国的に有名な

本沢ぶどう、本沢青菜漬、堀込せりが

生産される農業の盛んな地区です

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190722193744j:plain

 

 菅沢古墳

 

本沢地区菅沢にあります

こちらの古墳は5世紀頃に

築造されたとされ直径約52m、

高さ5m、下段の周囲には

幅8m前後の溝が回っており

円墳型の古墳では東北で最も大きく

当時この時代に相当な権力を誇った

豪族が埋葬されたものと推測できます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190722193614j:plain

 

城山 長谷堂城

 

本沢地区には城山と呼ばれる

小高い山がありその頂上には

最上家の支城、長谷堂がありました

 

長谷堂城の築城年月は不明ですが

伊達家の山形侵攻や

1600年東北の関ヶ原と呼ばれる

慶長出羽合戦の際に最上軍長谷堂城主

志村光安が立て籠り直江兼続の猛攻を

耐え抜いた強固なお城でありました

 

慶長出羽合戦の歴史は

こちらの記事で紹介しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190722193948j:plain

 

長谷堂観音

 

その後、1622年

家中の反乱を押さえられない為

最上家が改易の命令を受け廃城、

 

現在城山は山形百名山のひとつに数えられ

お城頂上まで整備され気軽に訪れる事が

出来るようになりました

 

写真の長谷堂観音は城山の中腹にあり

最上三十三観音の第12番札所として

多くの参拝者が訪れます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190722193849j:plain

 

長谷堂番所跡

 

長谷堂地区は

南陽市宮内を結ぶ小滝街道

上山を結ぶ上山通りがあった為

交通や荷物の往来を見張る

長谷堂番所が設置されていました

 

江戸中期になりますと

山辺や船町経由で往来する

塩などの商荷物が当地を中継して

運ばれるようになると

商荷物の中継点に入る税収を巡って

山形市南山形地区にあります

松原地区とたびたび

相論が起こったそうです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190722213522j:plain

 

ころり観音

 

ご本尊は、かつて長谷堂城主坂紀伊守の

家老牧野番内の念仏寺と伝えられており

「この世がしあわせで、死に際も

安楽にころっとゆきたい」

という切ない安楽死の願望を叶えてくれる

観音様が祀られているそうで

大変珍しい寺院です(´・ω・`)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190722194115j:plain

 

山形市産業歴史資料館

 

昭和40年代、

本沢地区にあります鋳物町では

山形の特産品であります工業鋳物が

多く作られた歴史をもち

現在は鉄工や建設関連の企業が立地する

工業団地となりました

 

こちらの山形産業資料館では

山形鋳物の歴史や展示物

山形伝統工芸品が紹介されており

秋には茶釜でたてられたお茶会や

鋳物作りの見学会等が行われ

多くの方が参加されています

 

以上、本沢地区のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク