KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 南山形地区の歴史と史跡をご紹介!

どーもKABUOです。

 

2019年7月

南山形地区の歴史や史跡を

巡ってまいりました。

南山形地区は古墳があったり

宿場町があったりと

深い歴史が残っている地域です。

 

今回史跡巡りをした様子と

羽州街道沿いに栄えた宿場町の様子や

地区の歴史について分かりやすく

また同地区に親しみを持って頂ける様

ご説明できればと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

南山形地区の歴史と史跡をご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190720223627j:plain

 

蔵王駅

 

南山形地区は

黒沢、松原、片谷地、津金沢、

谷柏、5地区により構成され

江戸時代には羽州街道の

宿場町として栄えた歴史を持ちます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190720224258j:plain

 

金井郵便局

 

明治時代の合併により金井村が発足。

北西部の金井地区と区別するため

南金井村と呼ばれておりました。

 

しかし

名前が被るという理由で

1954年の山形市の編入の際に

現在の南山形地区という地名に変わり

 

現在は金井という地名は

蔵王駅から近いこちらの

郵便局だけが名残として

残っております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190720230455j:plain

 

谷柏甲箭神社(こうせん)

 

谷柏地区にありますこちらの神社は

現在の岩手県であった前九年の役の際

源義家が安倍貞任に苦戦した折

速玉男命を祀ったのが

谷柏甲箭神社の始まりだとされ

同地区の地名の由来だとされています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190720225135j:plain

 

谷柏古墳遺跡と谷柏館跡

 

谷柏地区にあります

高崎山と呼ばれる小高い山には

山形県指定史跡に指定されている

谷柏古墳遺跡が残っており

古い昔からこの地区に

集落が形成されていたおりました

 

また谷柏古墳遺跡と同じ場所には

最上義光の家臣でありました

谷柏直家の館跡があったとされ、

 

谷柏直家は

慶長出羽合戦の際に畑谷城の落城の後

追われている良民を保護をするため

上杉軍と交戦し同じ家臣であった

飯田播磨守が打ち取られた事を知ると

引き返し首を奪え返したとされる

逸話が残っております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190720232100j:plain

 

津金沢の大スギ

 

津金沢地区にあります津金沢の大スギ

 

熊野神社のご神木として

崇められてこちらの大杉は

山形県指定天然記念物に指定され

樹齢1000年を越す

県内有数の巨木であり近くで見ると

非常に迫力がありました(´▽`)

 

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190720232938j:plain

 

円龍寺

 

片谷地地区にあります円龍寺は

羽州街道の開通にと同時に

この時に植えられ大欅の大樹が

今でも残っており

当時の面影を残す場所となっております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190720234702j:plain

 

松原番所跡

 

松原地区の歴史ですが

もとは西方横手に集落を構えてましたが

羽州街道がひらかれた時に

現在地に移されます

 

その後、

山形城から上山へ向かう際

隣接する黒沢地区と共に宿場町として栄え

 

 1622年に最上家が改易され

山形藩に鳥居氏、上山藩には松平氏が

入部し分離すると松原地区には

番所が設置される事になり

交通の往来や荷物の運搬に対する

監視が行われるようになりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190721000838j:plain

 

長秀寺と宇留野春庵の墓

 

1747年

圧政と飢餓に苦しむ上山藩領に住む

農民が百姓一揆を起こしましたが

それを未然に防いだにも拘わらず

上山藩から追放処分を受けた

宇留野春庵のお墓が松原地区にあります

長秀寺に残されたおります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190721002030j:plain

 

塞神山と柏木山古戦場跡

 

松原地区にありますこちらは

オサヤジと呼ばれ

羽州街道が開通する前、

上山とを結ぶ羽州大道が通る

古道があった場所で

春になると愛染神社近くには

 エドヒガンの桜が咲き誇る

桜の名所でもあります

 

またこちらは

最上義光と義守親子が争った

天文最上の乱の際に義守に呼応した

伊達輝宗(伊達正宗父)と衝突した

柏木山古戦場があった場所で

 

最初は義守方の輝宗が優勢でしたが

義光の鉄砲術や奇襲策

父義守に対する早期和解工作によって

見事義光は外交的勝利をおさめた

歴史が残されております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190721003059j:plain

 

黒沢温泉

 

松原地区と共に

宿場町として栄えた黒沢地区

現在は1972年に開湯した

黒沢温泉の温泉街として

多くの観光客が訪れております

 

黒沢温泉の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190721005005j:plain

 

神明神社前の鳥居

 

土木県令、初代山形県知事

三島通庸によって黒沢地区と

県道51号線を結ぶ早坂新道

開通されましたが

 

江戸時代の頃は

黒沢地区から踏み切りを

渡った先にあります神明神社を通り

花立峠を越えなければならず

 

現在は神明神社までは

道路は続いておりますが

道は狭く殆ど往来も殆ど無く

僕みたいな物好き以外は

誰も通らないようでした(笑)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190721005818j:plain

 

松原不動尊

 

神明神社の鳥居近くにあります

こちらの神社で流れる滝で目を洗うと

眼病に効くと信仰され

目を患った幼少時代の斎藤茂吉が

母親に連れられてここに通ったとされる

逸話が残っている場所です

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190721010733j:plain

 

神明神社

 

先程の鳥居から上に登ると

みはらしの丘とこちらの

神明神社に到着。

 

元々は南方の旧称古神明道に

鎮座されたとされますが

1773年に現在地に遷座され

 

その昔はこの近くに

峠の茶屋があったとされ

往来する旅人に休息を与えたと

伝えられています。

 

峠の高所でもあり

ここからは蔵王連峰や市街が望める

絶好地でありました(´▽`)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190721011735j:plain

 

みはらしの丘ニュータウン

 

神明神社から上山までの街道筋は

再開発によってその面影は

消えてしましましたが

今では多くの山形市民が暮らす

新興住宅地として人気が高く

コストコの出店や新しいお店も増え

山形市内で一番住みやすい

町へと変貌を遂げておりました

 

長々となりましたが

以上、南山形地区の歴史と史跡の

ご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

スポンサーリンク