KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 南沼原地区の歴史と史跡をご紹介!

どーもKABUOです。

 

2019年7月

山形市南沼原地区の

歴史と史跡の調査を行いましたので

地域に愛着を持っていただけるよう

分かりやすくご紹介出来ればと思います

 

スポンサーリンク

 

 

 

南沼原地区の歴史と史跡をご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190716234721j:plain

 

南沼原小学校

 

南沼原地区は 1889年

南舘、吉原、沼木地区の

各村々が合併し各村々から地名の

南、沼、原と一文字ずつ取り

 南沼原村が発足。

 

そして 1954年

山形市と編入され

地区にあります南沼原小学校が

地名の名残を残しております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190716235827j:plain

 

 南舘神明神社

 

南館地区は上山を結ぶ羽州街道

白鷹町を結ぶ狐越街道、

南陽市宮内を結ぶ小滝街道と

主要道が多く結んでおり

重要軍事拠点であった為、

 

山形城の南の守りを固める為

南舘神明神社一帯に

小規模な館が建造されました

 

また最上義光の妹、義姫が

伊達家から山形城に戻った際に

居住した場所でもあり

現在の南舘の地名の由来となった

歴史があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190716235850j:plain
 

水分神社

 

こちらは吉原地区の

鎮守の神として崇められ

虚空菩薩と呼ばれ信仰されて

水分神社。

 

水にかかわる神様なのですが

吉原地区は瀧山川、犬川、須川と

豊富な河川が地区を流れ農作物が育つ

豊穣な土地柄でありましたが

その反面河川の氾濫が多く

度々洪水に襲われた歴史を持つ

土地になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190717000103j:plain

 

慶長出羽合戦と若宮八幡神社

 

現在南イオンの南側に

ひっそりと佇む若宮八幡神社は

鎌倉時代に源頼朝の重臣安達藤九郎が

吉原楯を築いた際に

守護神として祀られ

 

1600年

慶長出羽合戦の際には

最上義光がこの場所に本陣を置き

上杉軍、直江兼続と須川を挟んで応戦し

川を渡った最上軍が直江兼続率いる

鉄砲隊に狙撃されたと伝わっております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190717000128j:plain

 

 富の中大日堂

 

沼木の郷司であった綾之助が

大日堂如来様を護り本尊として

自宅屋敷(沼木の産業短期大学の東周辺)に

958年に建てたもので1615年に

この地に移し建立されました

 

1622年

山形藩最上家が改易されると

目まぐるしく城主が代わり続け

この吉原地区には 宇都宮藩の所領となり

一時吉原陣屋が築かれ統治されましたが

 

その後、吉原地区は佐倉領堀田氏の

所領となりわずか15年で吉原陣屋の

歴史は閉じてしまいました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190717000202j:plain

 

沼木稲荷神社

 

沼木地区は白鷹を結ぶ狐越街道や

出羽三山へ向かう修験者等

人々の往来も多く地区には

休石の史跡も残っております

 

沼木地区は江戸時代

島原藩の所領であった事から

沼木陣屋が築かれこの地を統治しますが

堀田氏へと所領が移り変わり

沼木陣屋は閉鎖してしまいますが

その後、1842年陣屋の跡に

稲荷神社が創建される事になります

 

以上、南沼原地区の

歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

スポンサーリンク