KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 最上義光の菩提寺、光禅寺を訪れた話。

どーもKABUOです。

 

2019年6月

山形城を中心に最上義光ゆかりのある

史跡巡りを行いました

 

前回の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は最上義光の菩提寺

光禅寺を訪れたときの様子を

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

最上義光の菩提寺、光禅寺を訪れた話。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190623000841j:plain

 

光禅寺

 

最上義光の菩提寺、光禅寺

1614年、長い戦いに明け暮れ

山形市の基礎を作り上げ

69歳でその生涯を閉じました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190623000908j:plain

 

深緑に満ち溢れ神聖な雰囲気すら

感じられる光禅寺の参道は春になると

桜が咲き誇る山形市きっての

桜の名所スポットでもあります。

 

関連記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190623001007j:plain

 

光禅寺の歴史は最上義光が

自らの菩提寺を建設するために

大石田にあります向川寺の住職

春林禅冬を招請して開創。

 

当初、慶長寺と称しておりましたが

幕府による元号を使った

寺院名をする事を禁じられていた為

義光の戒名であった

「光禅寺殿玉山道白大居士」から

名前を取り光禅寺となります

  

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190623001103j:plain

 

最初現在の七日町に創建されましたが

最上家改易後に鳥居忠正が入部すると

鳥居家の菩提寺を光禅寺の境内に移し

現在の場所へ門前町に住んでいた

住人と共に移転となり、

 

その際、最上家に召し抱えられた

元家来、浪人集が数百人集まり

この光禅寺まで義光の棺を

運んだとされます

 

 門前町は三日町と呼ばれていた為

移転と同時に光禅寺のある地区を

三日町と改めらる事となり

地区の地名の由来となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190623001154j:plain

 

殉死した家臣のお墓 

 

義光の死後、後を追うように

長岡但馬守、山家河内守、寒河江肥前守

寒河江十兵尉 、4家臣が殉死し

光禅寺へと埋葬され現在は

主と同じ境内で眠っております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190623001129j:plain

 

最上義光の墓所

 

最上家との結び付きが強かった為

寺院に数多くの最上家に関わる

貴重な資料が保管されていたとされますが

 

1894年

山形市内を襲った大火により

本堂を含め数多くの資料や記録が

全焼してしまうという

暗い歴史もありますが

 その後、寺院を新しく立て替えられ

復興を遂げ現在に至っております。

 

あまり知られず

地味な所かもしれませんが

山形の英雄、最上義光の歴史に

触れる事が出来る場所ですので

ぜひ観光に立ち寄ってみてください 

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク