KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

うどんの語源!? 古都ウドンとに行ってきた話

どーもKABUOです。

 

2019年5月、GWの最中

カンボジアを旅して参りました

 

前回の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は、

アンコール遺跡から撤退し

プノンペンに遷都するまで

1618年~1866年まで

王都が置かれた古都ウドンに

行ってきた時の様子を

写真に収めましたので

歴史や史跡と共にご紹介します

 

スポンサーリンク

 

 

 

うどんの語源!? 古都ウドンに行ってきた話

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190612234937j:plain

 

アクセス方法

 

プノンペンからウドンまでは

片道 約40㎞もあります。

 

交通手段は

バスかトゥクトゥクになりますが

バスですと4$程で行けるそうですが

バスの移動手段が分からなかったので

今回はトゥクトゥクをチャーターして

ウドンまで向かいました

 

今回Grabタクシーを使用した所

片道で約50000リエル掛かり

往復で10万リエル(25$)程

掛かってしまいました。

 

やはりトゥクトゥクだと

費用がかさみますので

バスで行ける方法を

ネットで探した方が良いかと思います。

 

 

場所はこちらになります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613000641j:plain

 

入場料金

 

外国人がだと

入場料金2$徴収されますが

Grabタクシーで行ったせいなのか

 

現地人に間違われたらしく

 

僕は無料で入場する事が出来ました(笑)

 

僕の学生時代のアダ名が

マーク・ハントとかレイ・セフォーとか

日本人の顔立ちから離れていたので

こんなことで得をしてしまいました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613001306j:plain

 

写真はウドンにあります英語名

フレッシュリーチトラップマウンテン

があります仏教寺院になります

 

山の上に王族が埋葬された

仏塔が建造されており

史跡の入り口前に傾斜がキツい男坂と

史跡から少し奥にあるのが

傾斜がなだらかな女坂に別れており

体力に応じて階段を登ってください

 

僕の場合はドライバーさんが

否応無く男坂の方に止めたので

男坂から509段のある階段を

登るはめになってしまいました。

( 。゚Д゚。)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613014403j:plain


まだ鎖国が行われなかった時代

このウドンの町並みにも

多くの日本人が渡来し

日本人町を形成したのですが

その際にカンボジアで見た麺料理を

そのまま日本に持ち込んだのが

うどんの発祥だとされる説があるそうで

 

確かにカンボジアの麺料理

美味しかったしその説も

十分説得力があるかも(* ̄∇ ̄*)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613002342j:plain

 

階段を登りきった所に

ありましたのがこちらの仏塔

寺院内は一部土足禁止の

エリアがあるので靴を仕舞える

バックがあると大変便利です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613002651j:plain

 

カンボジアの暗黒時代

 

アンコールに王都を持ち

東南アジア一帯を統治した

クメール王朝でしたが

15世紀頃から国内の内紛、

国内で水の確保が困難を極める、

アユタヤ王朝(タイ)の侵攻に晒さられ

国力が弱まるとアンコールの王都を

放棄し南部へと逃れてしまいます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613004027j:plain

 

南部に逃れ最初ロンベルグという

土地で遷都を行い国造りを始めますが

その後水害の多かったロンベルグは

放棄され現在のウドンに

遷都が行われ統治されたのが

ウドンの歴史の始まりとされます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613004911j:plain

 

この時代のカンボジア国内は

強国であったタイやベトナムから

政治介入が頻繁に行われ国内は

多大な混乱により疲弊していきます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613010335j:plain

 

ベトナム南部にあるホーチミンや

メコン川流れるメコンデルタ一帯は

元々カンボジアの領土だったのですが

ベトナムがカンボジア政治介入する中

メコンデルタ一帯をベトナムの一部に

編入し領土が奪われてしまいます

 

またタイでもアンコール遺跡がある

カンボジア北西部を中心に領土を

広げていき更に奪われていきました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613012114j:plain

 

苦肉の策としてカンボジアでは

フランス政府に援軍を要請する

打開策を打ち立てましたが

 

その結果

フランスの保護を取り付けました

カンボジアを含むラオス、ベトナムは

フランスの植民地支配を受けてしまう

事となっていくのでした。

 

そしてその後

ウドンからプノンペンに遷都され

現在のプノンペンの街が形成されて

行くことになります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190613013246j:plain


更にこの地に不運が起こり

ベトナム戦争の際には

秘密裏にカンボジアに爆撃を行った時

多くの寺院が崩壊され

 

またポル・ポトの時代の

内戦の最中寺院が破壊されるという

悲しい歴史がここにはあります

 

このウドンに訪れる際は

アンコールを放棄して

フランスの植民地になるまでの

歴史ストーリーを知っておくと

更に深くウドンを楽しめると思います

 

以上

うどんの語源!? 

古都ウドンとに行ってきた話でした。

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク