KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

真臘の歴史と世界遺産サンボープレイクックを訪れた話

どーもKABUOです。

 

2019年5月、GWの最中

カンボジアを旅して参りました

 

前回の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回はカンボジアで3番目に

世界文化遺産に登録され

古代王朝、真臘(しんろう)の

王都がありました

サンボー・プレイ・クックに

訪れた時の様子やアクセス方法、

入場料金等の注意点をご紹介します

 

スポンサーリンク

 

 

 

真臘の歴史と世界遺産サンボープレイクックを訪れた話

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610221737j:plain


アクセス方法

 

サンボー・プレイ・クックまでの

行き方ですが、コンポントム州の

中心街からおよそ北に30㎞程あり

トゥクトゥクをチャーターする

必要があります。

 

トゥクトゥクの料金の目安ですが

田舎の方ですと1㎞あたり

1000リエル程で移動ができ

往復で約15$程で行くことが

出来ました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610223013j:plain

 

こちらのドライバーさんは

刺青も入っており厳つい風貌ですが

スイカだったり取った果実を

ご馳走してくれる超親切な方でした。

 

人は見た目によらないものですよね~

(* ̄∇ ̄*)

 

 

サンボー・プレイ・クック遺跡の

場所はこちらになります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610223725j:plain

 

入場料金

 

入場料金は10$で入場が可能

(2019年5月現在)

 

しかしここでトラブル!

 

チケットカウンターのおっちゃんに

20$を渡してお釣りを貰うと

現地通貨でお釣りを手渡しされました

よくよく数えてみると2$足りません。

 

そこでおっちゃんに文句を言うと

バツが悪そうに直ぐに10$札で

交換してくれました。

 

・・・・・・・

 

「誤魔化すなよこの野郎!(怒)」

 

もう~まったく

油断も隙もあったもんじゃないよ

僕はこの手のちょろまかしに

何度騙されてると思ってんだよ

 

中国、ベトナム、インドで

何度苦い思いをしたことか( 。゚Д゚。)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610225107j:plain

 

地球の歩き方ですと案内表示が

少なく道がわかりにくいので

ガイドが必要と記載されていますが

道はガッチリ整備されており

案内板もシンプルですので

ガイドは必要ないですし、

 

また遺跡もそんなに広くなく

1時間ほどで鑑賞出来るかと思います

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610231308j:plain

 

1世紀~7世紀頃までメコン川

下流域に扶南国(ふなんこく)という

王国が栄えており始めは扶南国の

属国だった真臘ですが

6世紀中場頃に独立を果たし

扶南国を吸収し領土を併合し

メコン川、中下流域を統治します。

 

その時王都が置かれたのが

サンボー・プレイ・クックでした

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610233042j:plain

 

しかし

真臘の国内で内部分裂が起こり

北部を拠点にする陸真臘と

南部を拠点にする水真臘に

別れ紛争が始まると

国力を落としてしまいます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610233454j:plain

 

その後8世紀中期に

インドネシアにあったジャワ王国の

シャイレーンドラ朝の侵攻により

真臘は侵略されてしまいました。

 

サンボー・プレイ・クックは

ヒンドゥー教式の遺跡ですが

現在は写真の様に仏教の祭壇が置かれ

地元の方の信仰する場所となっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190611000922j:plain

 

しかし

真臘国内の一部で独立する動きが高まると

802年ジャヤー ヴァルマン二世によって

プノン・クレーンで独立を果たすと

その王国はクメール王朝を建国し

アンコール遺跡群等を建造する等

現在のカンボジアの形を形成していきます。

 

クメール王の朝歴史の記事は

こちらで記載しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610235158j:plain

 

赤いレンガで建造された建物が多く

アンコール遺跡群にあります

ロリュオス遺跡群に似ているような

印象を受けましたが

こちらの方が内部がシンプルで

アンコール遺跡とはまたひと味違った

遺跡の構造を楽しめました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190610235929j:plain

 

アンコール遺跡群と比べれば地味ですが

外国人観光客も殆どおらず

カンボジア人観光客と家族で

賑わいを見せており、

 

アクセスは大変ですが

都市部では感じることが出来ない

田舎の風景や、文化を味わえる

穴場スポットですので

サンボー・プレイ・クックや

コンポントムの街に

ぜひ観光に訪れてみてください。

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク