KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

アンコール遺跡群 大回りコースを巡った話 カンボジア🇰🇭旅の記録

どーもKABUOです。

 

2019年5月、GWの最中

カンボジアを旅して参りました

 

前回の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は前回の小回りコースとは

別の遺跡が巡る事ができる

大回りコースに付いてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

アンコール遺跡群 大回りコースを巡った話

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603005046j:plain

 

アクセス方法

 

アンコール遺跡群を巡る

大回りコースですが前回紹介しました

小回りコースと同じく

おすすめするコースになっており

 

 アンコール・トムや

アンコールワット周を中心に

 

主に、プリア・カン、

二ャック・ポアン、クロル・ロー

タ・ソム、東メボン、プレ・ループ

スラ・スラン、プラサット・クラヴァン

を巡るコースになっています。

 

小回りコースや大回りコースは

午前、午後と分けて訪れば

一日でアンコール遺跡群を

巡ることが出来るのですが、

今回訪れた5月のカンボジアは

季節の中でも一番暑い季節のため

午後からの観光は困難でしたので

二日に分けて訪れる事としました。

 

遺跡を巡るのにドライバーを

チャーターする必要があり

大回りコースですとチップ込みで

約12$~17$位で

交渉出来るかと思います。

 

今回は写真の彼にお願いした所

15$で交渉する事が出来ました。

 

では遺跡のご紹介をします。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603010948j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603024507j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603024546j:plain

 

プリア・カン

 

「聖なる剣」と言う意味があり

ジャヤヴァルマン七世によって

当時ベトナムの東南部にありました

チャンパ軍との戦いに勝利した記念に

建造されて寺院で、

王の父の菩提寺とされています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603025306j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603025339j:plain

 

二ャック・ポアン

 

「絡み合おう蛇(ナーガ)」と言う

意味を持つ遺跡で治水に対する

信仰する寺院でありました。

 

アンコール遺跡群を建造した

クメール王朝は非常に優れた

治水技術を持っていたとされ

当時の生活が見てとれる遺跡です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603025752j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603025823j:plain

 

クロル・ロー
 

 二ャック・ポアンから

北の向かい側にあります

小さなヒンドゥー教の寺院です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603030153j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603030225j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603030253j:plain

 

タ・ソム

こちらは僧院だった寺院で

周辺には僧侶の住まいがあった

痕跡が残っているそうです。

 

タ・プロームの樹木に覆われた

姿も凄かったのですが

こちらも中々見所がありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603030757j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603030855j:plain

 

東メボン 

 

かつて東バライと呼ばれる

貯水池があった時代、

952年、

ラージェンドラヴァルマン二世により

池の中心に建造された寺院になります。

 

現在は東バライの貯水池は

枯れ果ててしまい

当時の面影は残っておりませんでした。

 

クメール朝がこの地を破棄した理由に

タイのアユタヤ王朝との

戦に破れたという理由がありますが、

もうひとつ水を確保するのが

難しくなったという説もあるようで

当時何かしらの天候不良が続き

貯水池が枯れてしまったのでしょう。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603032455j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603032521j:plain

 

プレ・ループ


東メボンと同じ頃

ラージェンドラヴァルマン二世

によって建造された寺院は

主に火葬場としての役割を

持っていたとされます。

 

遺跡の最上部から望む景色は

本当に素晴らしかった。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603032846j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603033000j:plain

 

スラ・スラン 

 

ここは王様が沐浴するために

使用した池だとされています、

沐浴用の池にも関わらず

広大な面積がありビックリしました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190603033517j:plain

 

プラサット・クラヴァン 

 

最後にこちらの寺院を訪れて

大回りコースは最後になります。

大体所要時間は5時間~6時間と

午前中に一気に巡る事が出来ましたが

 

時代背景や歴史がよく分からないので

ただ寺院を見て終わっちゃった感が

否めなかったです。

 

少し高くてもガイドやツアーを

お願いした方がより楽しめると

思いますので

ぜひ活用してみて下さい

 

以上、

アンコール遺跡群 

大回りコースを巡った話でした。

 

次の記事

 

www.yamagatakabuo.online

 

 

スポンサーリンク