KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

アンコール遺跡群を巡るおすすめルート、小回りコースを巡った話 カンボジア🇰🇭旅の記録

どーもKABUOです

 

2019年5月、GWの最中

カンボジアを旅して参りました

 

前回の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は前回紹介しました

アンコール・トム周辺にあります

遺跡を効率的に巡る事が出来る

おすすめルート、小回りコースを

巡った旅の様子を

写真を使ってご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

アンコール遺跡群を巡るおすすめルート、小回りコースをご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190531000235j:plain

 

アンコール遺跡を巡る

小回りコースですが、

地球の歩き方でも紹介されている

おすすめルートとなっており、

主要な遺跡を効率敵に巡る事ができ

所要時間も4時間から6時間位です

 

主にアンコール・トムを中心とした

大小様々な遺跡を巡る事ができ

プノン・バケン、バクセイチャムクロン、

トマノン、チャウ・サイ・テボーダ、

タ・ケウ、タ・プローム、

タ・プローム、バンテアイ・クディ、

プラサット・バッチュムの

8つの遺跡を巡る事が出来ます。

 

アンコール・ワットやアンコール・トムは

別の記事で紹介してますので

こちらでご覧ください


www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

小回りコースを巡る際には、

ドライバーをチャーターする必要があり

料金は交渉次第だと思いますが

チップ込みでも10$~15$位で

交渉がまとまるかと思います。

 

相場を知らないとかなり高い料金を

ふっかけられますのでご注意ください。

 

では遺跡の方を写真でご紹介します。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602110751j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602110920j:plain

 

チャウサイ・デボーダ

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602111113j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602111143j:plain

 

トマノン

 

両方とも12世紀初頭、

スールヤヴァルマン二世によって

創建されたヒンドゥー教寺院になります

トマノンにあります女神のレリーフは

優雅で美しいかったな~。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602111926j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602112934j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602113401j:plain

 

タ・ケウ

 

クリスタルの古老という

意味を持ち、11世紀初頭

ジャバルマン五世によって

造営されましたが王の突然死により

未完成のまま放置された遺跡になります

 

ピラミッド型の遺跡は迫力があり

遺跡内では絵描きの親子や

お土産用の絵を書く仕事を

行っておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602114936j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602115043j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602115124j:plain

 

タ・プローム

 

1186年、

ジャヤヴァルマン七世が

母のために造営された仏教寺院で

後にヒンドゥー教寺院に改造された

歴史を持っている遺跡です。

 

造営から長い歴史を持つため

自然の力によって樹木に覆われ

崩壊の一途を辿っており

朽ち果て風化していく様に

無情感を感じてしまいましたが

逆にその姿が何とも遺跡らしく

神秘的な雰囲気すら感じてしまいます。

 

またこちらは

アンジェリーナ・ジョリー 出演の

映画トゥームレイダーのロケ地でも

使用された大変有名な遺跡でもあり、

 

一枚目の樹木に覆われた写真は

映画トゥームレイダーでも

取り上げられた事から

写真撮影する人だかりで溢れ

かなりの激混みでしたが

並んででも撮影したい場所でした。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602121331j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602121421j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602121517j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190602121557j:plain

 

バンテアイ・クディ

 

アンコール・トムと同じように

仏像が掘られた入り口をしており

12世紀末頃に

ジャヤヴァルマン七世によって

造営されたヒンドゥー教寺院ですが

後に、仏教寺院へと移り変わります。

 

アンコール遺跡群は

クメール王朝がこの地を放棄した後に

多くの寺院が仏教寺院へと変わり

写真のように現在では

一般のカンボジア市民が祈る

信仰の場所へとなっておりました。

 

今回、都合によって

夕日鑑賞が有名なプノン・バケンや

バクセイチャムクロンを

訪れる事が出来ませんでしたが

かなり有益な時間を過ごせました。

 

あわよくば

お金がありましたら

日本語のツアーを組んで

詳しく遺跡の歴史について

説明を受けたかったです。

 

あんまり歴史を知らないと

遺跡が全部同じ様に見えて

飽きてしまいますので

旅費に都合がありましたら

ツアーを申し込むことをおすすめします

 

以上、

アンコール遺跡群を巡る

おすすめルート、

小回りコースをご紹介でした。

 

次回は大回りコースについて

ご紹介します。

 

次の記事

 

www.yamagatakabuo.online

 

 

スポンサーリンク