KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

世界遺産アンコールワットをご紹介! カンボジア🇰🇭旅の記録

どーもKABUOです。

 

2019年5月、GWの最中

カンボジアを旅して参りました

 

前回の記事はこちらになります。

 

www.yamagatakabuo.online

 

前回のチケット購入から一夜が明け

シェムリアップの中心街から

アンコールワットへと出発した様子を

写真に記録しましたので

ご紹介します

 

スポンサーリンク

 

 

 

世界遺産アンコールワットをご紹介!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527200631j:plain

 

アンコール・ワット

見学時間 5:00-17:30

 

アンコール遺跡群の開園時間は

殆ど7時から開園になりますが

アンコールワットだけは

朝の5時から開園が始まりますので

朝早くから見学が可能です

 

見学の注意点ですが

寺院が西側を向いていますので

朝早くからの見学ですと

逆光になっておりますので

写真撮影が難しい時間帯になっています

 

本来ならこちらの写真には

逆光がなければ壮大な寺院が

姿を表すはずだったのですが

まったくなにを撮影したのか

分からない状態になっちゃいました

(;つД`)。

 

2019年5月当時は

アンコールワットへと続く

西参道が修復工事が行われ

仮設の浮き橋が利用されておりました

 

 

こちらがアンコールワットの

場所になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527202704j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527202826j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527202912j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527203001j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527203044j:plain

 

アンコールワットは12世紀末に

当時絶大な勢力を誇り

東南アジア一体を統治した

クメール王朝の王様、

スールヤヴァルマン二世によって

30年も長い歳月をかけて造営された

ヒンドゥー教の寺院で

寺院のある都という意味をもつ

建造物になります

 

アンコール遺跡群は

ほとんど東向きであるのに対して

アンコールワットは西向きに

憤墓として創建されたため

日が沈む方角(=人生の終焉)を

向いているとされます

(地球の歩き方カンボジア引用)

 

王様の墓所として

造営されたとされますが

ヒンドゥー教では死者は

火葬された後に遺灰は

川に流される風習がありますので

寺院内には王様の遺灰を保管する

棺や墓所は無く壮大な寺院のみが

そびえ立っております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527203446j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527203528j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527204313j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527204503j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527204706j:plain

 

1431年、徐々に国力を落とした

クメール王朝は現在のタイにあります

アユタヤ王朝との戦いに破れ

この地を放棄し遷都を繰り返しながら

各地を転々としていき、

 

一度打ち捨てられた

アンコールワットですが16世紀後半に

仏教寺院として改修される事となります

 

壁面に掘られた女神はデバターと呼ばれ

あまりにも美しいこの石の彫刻に

恋をしてしまいそうでした(* ̄∇ ̄*)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527204754j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527204904j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205009j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205124j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205244j:plain

 

しかし1979年

ポル・ポト政権の崩壊と共に

ベトナム軍がプノンペンを占領しますと

ポル・ポト軍はこの地に逃走し

ゲリラ活動を開始しはじめます

 

その時、アンコールワットは

建物の頑丈さから軍用基地として

活用された歴史を持ち

多くの砲弾が実弾が飛び交う他

ポル・ポト軍による仏像破壊がされ

寺院が壊滅的な被害を受けてしまいました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205607j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205706j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527203718j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205751j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205831j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527205912j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190527210255j:plain

 

 

長く続いたカンボジア内戦でしたが

徐々に終結が始まりますと

1992年、アンコールワットは

ユネスコ世文化遺産に登録されます

 

その後、改修工事によって修復され

現在では多くの観光客で賑わいを

みせておりました。

 

アンコールワットや次回紹介する

アンコールトムもそうなんですが

歴史的背景が分からないと

深く遺跡鑑賞出来ませんでしたので

お金に余裕がありましたら

日本語のツアーを組んだ方が

より詳しくアンコール遺跡群を

知ることが出来ますのでおすすめします

 

以上アンコールワットの紹介でした。

 

次の記事

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク