KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

ポル・ポトの悪夢 キリングフィールドに訪れた話 カンボジア🇰🇭旅の記録

どーもKABUOです。

 

2019年5月、GWの最中

カンボジアを旅して参りました

 

前回の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

トゥールスレン虐殺博物館の

次に向かったのが今回ご紹介する

キリングフィールドと呼ばれる

多くの罪の無い一般国民が

犠牲となった場所になります

 

今回はキリングフィールドの紹介と

前回に引き続いて

カンボジアの現代史について

ご紹介出来ればと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ポル・ポトの悪夢 キリングフィールドに訪れた話

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517031810j:plain

 

チュンエク大量虐殺センター

 

キリングフィールドとは

ポル・ポトが政権を担った

1975年~1979年の間に

国家反乱者、スパイ容疑の

疑惑を掛けられた一般国民に対し

大量処刑を行った場所を指しており

 

カンボジア全国各地に

キリングフィールドと呼ばれる

場所が300ヶ所あるとされます。

 

今回、訪れたのは

首都プノンペンから程近い

チュンエク村という場所にあります

チュンエク大量虐殺センターを

訪れました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517032936j:plain

 

アクセス方法ですが

プノンペンの中心街から

南に15㎞程の所にあり

公共の交通機関がありませんので

王宮前からGrabタクシーを呼び

トゥクトゥクを使用したところ

約6.5$位で到着出来ました

 

結構遠回りのルートを通った為

少し値段が高くなりましたが

片道の相場は大体4$~6$程で

バイクタクシーだともっと安く

行けると思います。

 

地球の歩き方を参照しますと

中心街から往復で

20$と記載されておりますが

恐らくは外国人価格の為

このような値段設定で

記載されておりますので

トゥクトゥクを乗る際は値段交渉を

チャレンジしてみて下さい

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517035257j:plain


入場料金 3$

日本語音声ガイド 3$

 

トゥールスレン虐殺博物館と同じく

こちらでも日本語音声ガイドの

レンタルを行っており、

 

園内は殺風景な所でしたので

音声ガイドが無いと当時の様子が

よくわからないと思いますので

レンタルする事をおすすめします。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517035810j:plain

 

園内に入りますと

当時の犠牲者を安置した

大きな慰霊塔が見えてきます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517040703j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517040911j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517041000j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517041042j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517041121j:plain

 

慰霊塔の中の様子です。

 

当時、処刑された方々の

遺骨、8985柱と

衣服が安置されており、

 

慰霊塔内は17段に分かれており

これはポル・ポト派が

プノンペンを占領した4月17日の

「17」を表しております

(地球の歩き方引用)

 

この光景を見た瞬間

思わず息をのみ

言葉に出来ない感情が

頭の中を駆け巡りました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517042022j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517042123j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517042221j:plain

 

トゥールスレン収容所から

ここに連れてこられた収容者の

様子を表したイラストになります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517042906j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517045429j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517045531j:plain

 

 何気なく素通りしてしまいそうな

こちらの大きな穴は

処刑した犠牲者を埋めた場所です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517051550j:plain

 

多くの遺体は一旦掘り返し

丁寧に埋葬されましたが

写真のように現在でも

死臭のガスにより膨らんだ

遺体を埋めた盛り土が

残っておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517050608j:plain

 

こちらの木はカンボジアでは

ごく一般的に何処にでもある木で

表面が刃のように固く尖りが

あることからニワトリを絞める際に

木に打ち付けて血抜きを行います

 

しかし処刑場だったこちらでは

収容者の首を掻き切る

処刑用に使用された他

赤ちゃんをこの木に

打ち付けて処刑を行いました

 

発見された当時は

この木の周辺に脳みそや肉片が

こびりついていたそうです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517051953j:plain

 

マジックツリー

 

こちらの

マジックツリーと呼ばれる木では

当時、ポル・ポト派による革命歌が

木にくくりつけたラジオによって

大音量で流されましたが

 

しかしその実情は処刑される人々の

断末魔の叫び声が周辺の人々に

聞こえないようにするための

カムフラージュに使用されたそうです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190517060525j:plain

 

博物館

 

独裁政治より

カンボジア全土を支配した

ポル・ポト政権は

長くは続きませんでした

 

国境紛争や大量虐殺により

ベトナムとの間に対立が深まると

1978年12月

カンボジア・ベトナム戦争が起き

1979年1月

ベトナム軍がプノンペンを占領し

ポル・ポト政権が崩壊します。

 

その後、ベトナムの調査により

この大量虐殺の事件が明るみなり

世界に衝撃が走ることになりました。

 

しかし

ポル・ポト政権が崩壊後

クメールルージュのメンバーは

カンボジアのジャングルに逃げ込み

ゲリラ活動を開始すると

1993年まで続く長い内戦への

道のりを歩む事になります。

 

内戦が長く続いた理由として

カンボジア侵攻の後

ベトナム軍はカンボジアに

駐留することになったのですが

ベトナムの勢力拡大を懸念した

タイ、中国によってポル・ポト派に

武器の援助が持たされ

長く内戦が続く事になりました。

 

内戦終了後はポル・ポト派の中で

内部分裂が起き弱体していくなか

1998年ポル・ポトが死去

そしてポル・ポト派の幹部が

政府軍に投降する事によって

カンボジアに平和が訪れる事と

なったのです。

 

東西冷戦による翻弄された

カンボジアの悲しい悲劇を

勉強できる数少ない場所ですので

プノンペンの観光の際は

訪れる事を強くおすすめします。

 

最後に当時の犠牲者を

ご冥福をお祈りして

この記事を終わりにします。

 

ご既読ありがとうございました。

 

2019年 5月

 

次の記事

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク