KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形県長井市 長井黒獅子祭りをご紹介!

どーもKABUOです。

 

2019年5月17日

長井市で毎年開催される

長井黒獅子祭りを見学しに

行って来ましたので

その時の様子を撮影しまたので

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

長井黒獅子祭りをご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190522235345j:plain

 

長井黒獅子祭りの歴史ですが

伝承によりますと

1051年~1062年頃

(前九年の役)

岩手の安部貞任を討伐した

源頼義、義家親子が戦勝祝いと併せ、

總宮神社の社殿を再建した時に

軍士たちに獅子舞をさせたのが

始まりだといわれております。

    

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190523004847j:plain

 

長井黒獅子伝説

 

野川の上流に秘境、野川渓谷・三淵(みふち)があり、この三淵には卯の花姫の悲恋伝説があります。

 平安時代、東北地方を治めていた安倍氏には、卯の花姫と呼ばれる美しい息女がいました。姫は敵の武将に恋をしてしまい、ある戦でこの武将の策略にはまり、味方の軍法を教えてしまいます。これが原因で戦に敗れ、父を戦死に追い込んでしまいました。姫は、父を殺したのは自分であると嘆き、悲しみに打ちひしがれました。

 敵の軍勢に追われた姫は三淵まで逃げ込んできましたが、もはやこれまでと三淵に身をなげてしまいます。すると姫の沈んだ辺りから大きな竜が現れ、上流に泳いでいくのが見えたそうです。その三淵の地には竜神を祀る三淵神社が建てられ、長井の里の宮(總宮神社)の奥の院としました。

 毎年、「長井の里の宮(總宮神社)の例大祭」には「卯の花姫」が招かれ、竜の姿(大蛇)になって野川を下り、雨を降らせるという言い伝えがあります。

(長井観光ポータブルサイト引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190523011912j:plain

 

毎年5月下旬に

長井市各地区及び、神社から

地区の長井歴史が詰まった

黒獅子が一斉に市街に集まり

開催される黒獅子祭りは

 

長井市中心街を練り歩き

五穀豊穣と安全祈願、

子供の成長を祈る

多くの市民で賑わいを

見せておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190523012448j:plain

 

各地区事に獅子舞の造形や

獅子の動きに特徴があり

迫力あるお祭りの光景が

見学する事が可能です。

 

地区によっては

がらの悪い兄さん達の

掛け声が怒声が

響き渡りますが、

 

それはそれで迫力があり

お祭りの醍醐味として

楽しめました(笑)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190523005258j:plain

 

また長井市中心街にあります

白つつじ公園では屋台や出店が並び

白つつじまつりも同時期に開催され

公園内でも黒獅子の演舞が鑑賞でき

大盛り上がりを見せておりました。

 

白つつじまつりの記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

白つつじまつりと共に

長井黒獅子まつりを鑑賞に

ぜひ長井市までお越し下さい

 

以上、長井黒獅子祭りの

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク