KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

世界遺産、天壇(てんだん)に観光した話! 中国北京を行く🇨🇳

どーもKABUOです。

 

2018年5月

中国北京を旅行にいった際の

記録をご紹介しています。

 

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は、明、清の時代に

五穀豊穣を願って祭祀が行われた

世界遺産、天壇に観光に行った時の

様子をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

世界遺産、天壇(てんだん)に観光した話!

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418221202j:plain

 

アクセスの仕方ですが

地下鉄7号線、橋湾駅は北門

地下鉄5号線、天壇東門駅から

東門から入場が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418221728j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418221802j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418221923j:plain

 

公園自体は無料で入場出来ますが

主要観光スポットには

各入場料金が掛かりますが

共通券が販売されており

4月から10月にかけては

34元で入場が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418222219j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418222328j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418222556j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418222618j:plain

 

総面積は273万㎡と広大で

その昔は一般人は立ち寄ることも

許されませんでしたが

現在は公園に整備され

北京市民の憩いの場になっており

朝早く訪れましたら

太極拳をしている北京市民の姿が。

 

朝の6時頃から開園しており

北京市民の日常風景が見れますので

朝訪れるのをおすすめします。

 

やっぱり太極拳見ますと

中国に来た~!

って感じになりますよね

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418223744j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418223821j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418223906j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418223955j:plain

 

祈年殿(きねんでん)

 

天壇でもっとも有名とされる建造物の一つで、天安門紫禁城とともに北京のシンボル的存在とされる。祈年殿では皇帝が正月上辛五穀豊穣を祈りを捧げた。祈年殿は直径32m、高さ38m、25本の柱に支えられる祭壇で現存する中国最大の祭壇。中国建築史上重要な建造物とされる。木造で宝頂は金メッキがなされている。屋根は瑠璃瓦葺きの三層になっており、明の時代には上から青、黄、緑となっていたが1751年にすべて青色に変えられた。1889年落雷により焼失したが、1896年に再建されている。

(Wikipedia引用)

 

ここで皇帝は毎年お正月に

五穀豊穣を祈ったとされ

形は中国笠のような形をしており

不思議な形をしています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418224650j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418224754j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418225115j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418225306j:plain

 

祈年殿の隣にあります

ちょっとした博物館。

日本語の案内板はありませんが

展示物を見るだけでも

満足できました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418225609j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418225709j:plain

 

皇穹宇(こうきゅう)

 

皇室の皇に、大空を表す穹と、宇宙の宇という字を書く。圜丘で祭事が行なわれる時、壇の上に置かれる天の神や、歴代の皇帝の位牌をふだん安置しておく所である。

(Wikipedia引用)

 

明の時代に建造された天壇ですが

明が滅んだ後も

清の皇帝によりそのまま活用され

祭祀を行ったとされますが

明は漢民族を中心した民族に対し

清は満州族と別民族に関わらず

そのまま宗教施設を

使用したことが不思議でなりません。

 

中国の宗教の歴史も勉強して

この謎を解いてみたいです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418230845j:plain

 

圜丘(かんきゅう)

 

皇帝が毎年冬至の日にこの圜丘に登り

天帝にその年に起こった出来事を

報告した他に雨が少ない年は

雨乞いを行う等

もっとも神聖な場所だとされます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190418234351j:plain

 

形は天円地方宇宙観に則り円形である。また欄干階段などが陰陽思想でいう最大の陽数である9や、その倍数で構成されている。各壇の直径を合計すると45であり、これは単に9の倍数という意味だけでなく、九五之尊[1]という意味も持つ。

(Wikipedia引用)

 

また最近では北京最大の

パワースポットと脚光浴びており

多くの観光客が集まる

人気スポットになっております。

 

以上、天壇のご紹介でした

 

スポンサーリンク