KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

明の皇帝が眠る世界遺産、明十三陵に観光した話。 中国北京を行く🇨🇳

どーもKABUOです。

 

2018年5月

中国北京を旅行にいった際の

記録をご紹介しています。

 

前回の記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は、

1368年から1644年まで

中国を統一した王朝

明の時代に建造された

皇帝の眠る明十三陵をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

明の皇帝が眠る世界遺産、明十三陵に観光した話。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416165342j:plain

 

明の十三陵(みんのじゅうさんりょう)は、中国北京市昌平区天寿山にある代の皇帝、皇后、皇貴妃と皇太子等の陵墓群である。成祖永楽帝以後の皇帝13代の皇帝の陵墓があるため、この通称がある。このうち定陵は発掘され、内部は地下宮殿として公開されている。

 (Wikipedia引用)

 

前回の万里の長城、八達嶺長城から

879路のバスに乗り込み

明十三陵に向かいました。

 

八達嶺長城から明十三陵に向かう

観光客が多いうえに

バスの便が少ないため

なかなかバスに乗り込む事が出来ず

バスに乗り込んでも椅子に座れず

立ち見のまま移動する事になりました。

 

八達嶺長城から

一気に観光できるルートですが

便が少ないのが難点です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416170128j:plain

 

明の時代の皇帝が眠る

明十三陵ですが

現在、一般公開されているのが

長陵、定陵、昭陵と

参道の陵道となっており、

 

各史跡には入場料金がかかりますが

複合チケットも販売されており

すべて合わせて110元で

各史跡に入場出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416170808j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416170842j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416171259j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416171342j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416171424j:plain

 

定陵

 

定陵は第14代皇帝

万暦帝の墓所になります。

 

万暦帝は

豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に

李氏朝鮮に援軍を送った事でも

知られている皇帝ですが

 

政治には無関心で蓄財に走り

さらに陵墓の建設や外征の出費も

重なってしまい財政困難に陥り

後に明を滅ばした原因を作ったされ

歴史的評価が低い皇帝でありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416173128j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416173209j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416173251j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416173334j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416173423j:plain


こちらは定陵で出土しました

宝物のレプリカの一部で

墓所であります宮殿内で

展示されております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416174449j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416174556j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416174641j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416174723j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416174844j:plain

 

定陵には地下宮殿があり

ここに皇帝の棺や礼服、

金銀の装飾品が埋葬されました

 

現在、定陵のみ地下宮殿が解放され

見学できるようになっており

地下宮殿の階段を登りますと

宮殿の屋上には皇帝の

墓石のようなものが

鎮座されておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416202053j:plain

 

次は長陵に向かいました。

 

明十三陵は陵から陵の間は

移動距離が長く

バスを使って移動となります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416202340j:plain


長陵

 

長陵は3代皇帝永楽帝の墓所になります。

 

永楽帝は二代皇帝建文帝と対立し

権力闘争の末、皇帝に即位し

南京から北京に遷都し

故宮(紫禁城)を建造した人物になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416204034j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416204103j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416204141j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416204215j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416204301j:plain

 

また対外政策に積極的に

乗り出した人物でもあり

モンゴルやベトナムまで

遠征を広げ領土を広げた他に

 

鄭和の南海大遠征を行い

東南アジアからインド、

南アフリカの国々と

朝貢関係を結び

日本も足利義満の室町時代に

明に服従したとされます。

 

長陵も定陵と同じく

宮殿型をしており

中では永楽帝にまつわる

美術品や骨董品のレプリカが

並んでおりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416205341j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416205518j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416205553j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416205621j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190416205645j:plain

 

長陵は明十三陵のなかで

最古かつ最大の規模を誇り

保存状態も良く見ごたえがある

場所でありました。

 

今回は時間の都合上

昭陵に行くことが

出来ませんでしたが、

明の時代の貴重な文化遺産を

十分堪能することが出来ました。

 

万里の長城からもう少し早く

これたらゆっくりと

観光できましたので

八達嶺長城からお越しの際は

時間に十分注意して観光してください

 

スポンサーリンク