KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

アロー戦争で略奪と破壊され荒廃した円明園に行った話 中国北京を行く🇨🇳

どーもKABUOです

 

2018年5月

中国北京を旅行にいった際の

記録をご紹介しています。

 

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は、1860年に起こった

アロー戦争(第二次アヘン戦争)で

略奪と破壊を受けて

荒廃し廃墟となった円明園に

観光した時の様子をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

アロー戦争で略奪と破壊され荒廃した円明園に行った話

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414105052j:plain

 

円明園は清の時代、第四代皇帝

康熙帝(こうきてい)によって

明の時代に内乱で荒廃し

庭園となっていた皇族の離宮を

再建したのが始まりだとされます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414105455j:plain

 

ありし頃の円明園の様子

 

最終的には150年という

長い年月をかけ代々の皇帝によって

引き継ぎ再建され

当時周囲20㎞ほどの広さを持ち

 

前回の世界遺産、頤和園にも

負けじと劣らない

大庭園でありました。

 

こちらは当時の規模がわかる

ミニチュアサイズのジオラマで

広大な敷地に人工池や寺院’を造営し

当時の清の国力を伺えます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414110414j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414110439j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414110749j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414110820j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414111133j:plain

 

庭園内には中華式問わずに

当時中国に訪れていた

イエズス会宣教師も

設計に関わった事により

バロック様式の洋風建築も

庭園に築きあげられ

現在もその建築物が一部残っており

当時の様子を垣間見る事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414111730j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414111811j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414111940j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414112058j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190414112128j:plain

 

しかし先程紹介しました

様式の建造物以外の

史跡は残っておらず

徹底的にイギリスとフランス軍の

連合軍によって略奪と破壊を受けました

 

一説には清朝の権威失墜を狙った

意図的な工作だとされており

略奪後は放火が始まり

広大な庭園の殆どが荒廃しました

 

1984年に史跡公園に整備された後、

現在は中国では200億円をかけ

一部の復興事業を進めており

略奪された宝物を回収し 

ありし頃の円明園を復活させる

プロジェクトを進行しているそうです

 

敷地の半分が更地でしたので

洋風建築以外、見る所が殆ど無く

入り口を間違えると

本当にただ歩いて疲れるだけですので

観光する際は入り口する場所を

慎重に検討する事をおすすめします

 

以上円明園のご紹介でした

 

次の記事

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク