KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

青森県弘前市 弘前城と津軽為信の歴史をご紹介! 羽州街道を行く

どーもKABUOです。

 

2018年8月

 

津軽地方の歴史と史跡、

観光スポット巡りの

旅を行っておりました

 

前回の記事はこちらになります。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は弘前城を中心に

津軽藩初代藩主、津軽為信と

津軽氏の歴史をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

弘前城と津軽為信、津軽藩の歴史

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319112204j:plain

 

弘前城

 

弘前城は津軽初代藩主、

津軽為信が築城を計画し

二代藩主津軽信枚によって

1611年に完成した

別名、鷹岡城と呼ばれた

お城になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319112856j:plain

 

津軽為信の出生には様々な説があり

南部氏支族で下久慈城の久慈氏とも

大浦守信の子とも言われており

青森一帯を統治した南部氏と

繋がりのある一族でした

 

南部氏から津軽地方を任され統治した

大浦城主、大浦為則に

養子として迎えられ、娘の阿保良と

結婚させ大浦家の後継者となり

1567年

大浦為則の死後家督を継承します。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319132832j:plain

 

1570年代

南部家当主、南部晴政の時代

晴政は戦には強かったのですが

一族や家来を統率する

能力にかけた所があり

南部家一族同士が争う

ゴタゴタが起こってしまい、

 

それに目を付けた津軽為信は

この機会に乗じて謀反をお越し

戦を始め南部氏一族家来をなぎ倒し

津軽地方統一を果たします。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319145516j:plain

 

撮影時期2018年8月

弘前城は補修工事が行われており

いい風景の写真を撮影する事が

できませんでした。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319141123j:plain

 

津軽統一を果たした為信は

最上義光の助言により豊臣秀吉に

接近する工作活動を行い

石田三成の仲介により

秀吉に名馬と鷹を献上する事ができ

 

1590年

小田原攻めの際にいち早く

参陣を果たすことが出来ました。

 

 一方で一歩遅れて

参陣を果たした南部氏は為信の

謀反行為を秀吉に訴えましたが

聞き入れられず為信は独立を果たし

大名として認知される事となります

 

この出来事により

南部氏との間に修復出来ない程の

亀裂が入ってしまい

後の津軽藩と南部藩の関係は

犬猿の仲であったとされますが

 

秀吉に行った工作活動は後の津軽氏の

未来を決定づける事となり

なかなかの策士だった事がよく分かる

エピソードではないでしょうか。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319142004j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319142100j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319142133j:plain

 

金剛山 景勝院

 

豊臣秀吉の死後、1600年

関ヶ原の戦いでは東軍、西軍両軍に

自分の息子を送り込む等

抜け目のない策を行い

合戦後、2000石の加増。

 

しかしながら津軽為信は

石田三成に恩義を感じていたようで

石田三成の次男、石田重成と

三女、辰姫を国元に迎え

辰姫を津軽藩二代目藩主

津軽信枚の正室にさせたとされます。

 

写真の景勝院にあります五重塔は

国指定重要文化財に指定されており

津軽為信が津軽統一の過程で

戦死した敵味方の供養の為に

建立した寺院になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190319144731j:plain

 

津軽山 革秀寺 

 

関ヶ原の合戦の後、為信は

初代津軽藩主として統治を行い

1603年、新城として

弘前城の築城を開始しますが

1607年、新城を見ることもなく

京都にて津軽為信は病死。

 

その後津軽藩は長きに渡り

蝦夷地警護や津軽地方を統治し

弘前市の基礎を築きあげ

幕末、そして明治時代を向かえます

 

こちらの革秀寺は為信の菩提寺になり

境内には為信の霊屋があり

見学することが出来ます。

 

以上、弘前城と津軽為信の

歴史の紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク