KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

青森県五所川原市 十三湖と十三湊遺跡の歴史と史跡をご紹介! 十三街道を行く

どーもKABUOです。

 

2018年8月

 

津軽地方の歴史と史跡、

観光スポット巡りの

旅を行っておりました

 

前回の記事はこちらです

 

 

www.yamagatakabuo.online

 

 

そしてご紹介するのは

青森県五所川原市十三湖から

弘前市を結んだ古道、十三街道

 

街道筋は若干変化がありますが

弘前市石渡から

青女子ー野木ー桑野木田ー木造

菰槌ー牛潟を経て十三湖に至ります

 

今回の街道巡りでは

十三湖から出発し旧車力村や

旧木造町の観光スポットや

歴史や史跡をめぐりましたので

数回に分けてご紹介します。

 

今回ご紹介しますのは

縄文時代の史跡や中世の史跡が残る

十三湖をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

十三湖と十三港遺跡の歴史と史跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190225203030j:plain


十三湖

 

青森県五所川原市旧市浦村から

つがる市、中泊町中里地区

一帯に広がる十三湖。

 

海水と淡水が入り交じり

湖で水揚げされるヤマトシジミは

特大サイズで町の特産品になります。

 

十三湖の名前の由来ですが

十三の河川が流れ込むので

十三湖になった説や

アイヌ語「湖の傍ら」を意味する

「トー・サム」に由来する説がありますが

詳細は不明だそうです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190225203738j:plain

 

縄文時代から人々が住んでおり

十三湖周辺には貝塚や遺跡跡が

残っております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190225201834j:plain

 

十三湊遺跡

 

中世の時代東日本最大の

貿易港であった十三湊

 

十三湊が最盛期を迎えるのは

鎌倉時代頃だと言われ

平泉を拠点に栄華を誇った

奥州藤原氏の3代目当主藤原秀衡の弟、

藤原秀栄が十三の豪族にに養子に出され

その後十三氏と改名し

十三湖を治めます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190225213033j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190225220719j:plain

 

しかし

藤崎城を拠点とする安東氏との間に

争いが起こり1229年に

十三氏を滅ぼし津軽地方を統治。

 

安東氏の歴史はこちらで記載しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

十三湊遺跡では

数々の出土品が発見されており

写真のよう案内板が立っておりますで

武家屋敷跡や土塁跡等

当時の様子を知ることが出来ます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190225213004j:plain

 

安東氏の統治が続いた十三湖でしたが

1443年八戸に拠点を置く

南部氏との抗争により安東氏が破れ

一族は蝦夷や秋田に落ち延び

十三湊は急速に衰退したとされ

 

安東氏の衰退と同時に

大津波がこの地を襲い

壊滅的な被害が受け栄華を誇った

十三湊は荒廃し没落した

歴史がありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190225221141j:plain

 

十三湖周辺では

特産品のしじみの直売所がありますので

観光の際はぜひ立ち寄ってみてください

(* ̄∇ ̄*)

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク