KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

インド🇮🇳 バラナシの歴史とガンジス川の風景

どーもKABUOです。

 

インドに一人旅に行ってきました

 

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回はヒンドゥー教の聖地

ガンジス川を中心に

ご紹介できればと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

バラナシの歴史とガンジス川の風景

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125221301j:plain

 

朝早く起きて

バラナシ旧市街から

細い道を抜けガンジス川へと向かう

階段を下っていきます。

 

目的は朝焼けに染まる

ガンジス川を見るのが目的、

 

この時も牛が通行を邪魔をしまして

少し四苦八苦( ̄▽ ̄;)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125221650j:plain

 

 お~(@ ̄□ ̄@;)!!

 

ガンジス川だ!

 

夢だったガンジス川の風景だ!

 

今の会社に入社以来

5年以内にインドに旅行すると

目標を立てて仕事を頑張って来ました

 

ついにチャンスが訪れ

今回の訪問日!

夢がかなった瞬間でした。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125222223j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125222543j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125222805j:plain

 

川沿いをゆっくりと散歩。

 

街中はクラクションや

人がごった返しており

非常に騒がしい雰囲気でしたが

 

その騒音が嘘みたいに

ガンジス川沿いは

静かで凄くのどかな光景です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125225548j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125230753j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125225436j:plain

 

バラナシの歴史は

紀元前6世紀に

バラナシを首都とした

カーシー王国が建立され

ガンジス川を中心に

古代ヒンドゥー教教義である

バラモン教の信徒が修行する

宗教拠点でもありました

 

後に民間信仰や

インド各種の民族宗教が混ざりあい

バラモン教は現在のヒンドゥー教に

再構成されていったとされます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125223638j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125225511j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125230856j:plain

 

紀元前4世紀

インドに統一王朝が成立すると

ヒンドゥー教は保護下に置かれ

バラナシはヒンドゥー教徒にとって

重要な聖地となりますが

 

西暦12世紀末頃

イスラム教勢力に征服され

多くのヒンドゥー教寺院が破壊され

破壊された寺院の後には

モスクが建造されます。

 

 16世紀に成立した

ムガル帝国の元では

イスラム教とヒンドゥー教の

融和政策が取られることもありましたが

長くは続くことはありませんでした

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125230929j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125231842j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125232554j:plain

 

18世紀に入りますと

ムガル帝国の国力は徐々に衰退し

没落の道を辿ります

 

ここバラナシは

ヒンドゥー教を深く信仰していた

マラーター人によって復興され

様々な宗教活動を通じて

ヒンドゥー教寺院や沐浴場が

建設され現在の基盤を

完成させていきました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125232624j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125232650j:plain

 

一月のガンジス川は寒い

 

夜は気温5℃まで下がりますので

朝焼けで染まるガンジス川ですが

朝方は冷たい空気が流れます

 

そこでインドの紅茶チャーイを一杯!

 

紅茶の中にスパイスを配合した

インド庶民のお茶です

 

朝方チャーイ売りの

おっちゃんから熱々を購入、

ふ~ふ~しながらひとすすりすると

砂糖の甘い味付けにスパイス効果なのか

体の真から暖まります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190125233359j:plain

 

サドゥーと呼ばれる

ヒンドゥー教の修行僧です。

 

サドゥーはあらゆる物質的・世俗的所有を放棄し、肉体に様々な苦行を課すことや、瞑想によりヒンドゥー教における第四かつ最終的な解脱を得ることを人生の目標としている。服を着る場合は、俗世を放棄したことを示す枯葉色の衣服を身につけて数珠を首に巻く。「ナーガ」と呼ばれるサドゥーは衣服さえ放棄し、ふんどし一枚きりか、あるいは全裸で生活し、髪を剪らず髭も剃らず、聖なる灰を体に塗っている。サドゥーの名前は10種類しかない。サドゥーは入門時に俗名を捨て、10種の名前のうち一つを与えられて以後それを名乗る。

(Wikipedia引用)

 

写真を撮影しましたら

10ルピーを要求されました。

 

ここはインド・・・

 

本物の修行僧かどうかは

わからない存在です。

 

次回に続きます。

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク