KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

インド🇮🇳 スパイスと牛糞の香り漂うバラナシ旧市街をプラプラ散策した話

どーもKABUOです。

 

前回のインドバラナシ編の続きになります。

 

前回の記事はこちらになります。

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は聖地ガンジス川のほとりにあります

バラナシ旧市街を中心に

町の様子や雰囲気を

ご紹介出来ればと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スパイスと牛糞漂うバラナシ旧市街地をプラプラ散策した話。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122103729j:plain

 

バラナシ旧市街地

 

ガンジス側のほとり近くに

ありますバラナシ旧市街地、

その道は細く狭く車の往来は出来ませんが

バイクや自転車そして牛が

そこらじゅうに徘徊しています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122104123j:plain

 

インドは全体的にゴミが散乱しており

不衛生な環境ではありますが

 

その捨てられている生ゴミを

 

野良牛がバクバク食べるんですよ!

 

その事によって生ゴミが処理され

町の環境が保たれているといった

現実が広がっており

 

牛はある意味、

便利な掃除屋と化しておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122104819j:plain


しかしこの野良牛で

大変やっかいな問題がありまして

 

道端に糞尿を撒き散らすんじゃ~

 

この狭い路地に

糞尿の塊がボトボトと・・・

 

え!?地雷元!

 

ってな感じですよ(*`Д´)ノ!!!

 

歩きスマホなんてしながら歩いたら

間違いなく踏みつけてしまいます。

 

もうひとつ問題がありまして

牛を避けようと

牛の後ろから回り込もうとすると

 

いきなり糞尿をぶっぱなすんじゃ~

 

その為

牛のア○ルが引くついてないか

確認してからじゃないと

安心して牛の回りを通ることが

出来ませんでしたね(笑)

 

でもそんな糞尿ですが

誰かが必ず掃除していますので

道は比較的衛生に保たれている

印象も受けました。

 

肥料か何かに使っているのかも

しれないです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122105830j:plain

 

そして

 

野良犬もくそ多いんじゃ~

 

野良牛と一緒に野良犬も町を徘徊!

 

結構おとなしくあんまり吠えませんが

狂犬病のリスクがあり

安易に近づけないですよね。

 

インド国内でも

狂犬病で死ぬ方が非常に多く

その数年間2万人以上!

 

インド旅行では野犬に

要注意です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122121319j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122121350j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122121423j:plain

 

バラナシの旧市街には

ヴィシュバナート寺院

(ゴールデンテンプル)と呼ばれる

ヒンドゥー教の寺院があり

夕方になりますと

多くの参拝客で列をなします

 

寺院の近くでは

お供物のお花や宗教関係の

法具が販売されておりヒンドゥー教の

文化を垣間見る事が出来ます。

 

この界隈を歩くと

お花の押し売りも起きますので

必要でなければNOと言って

キッパリと断りましょう。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122122009j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122122029j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122122138j:plain

 

もちろん屋台も数多くあり

独特のスパイスがあたりに立ち込めており

インドにやって来たっていう感じに

させてくれます。

 

ちなみに不衛生な屋台で食べますと

 

直ぐに下痢になります

 

のでかなり注意が必要です

 

(そして僕は下痢になって

日本に帰ってきてからも

苦しみましたがそれは

別の機会にブログに記載します)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122122604j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122122629j:plain

 

インドでは水道水が飲めないので

雑貨屋さんでミネラルウォーターを

買う必要があるのですが

 

水道水をペットボトルにいれるだけの

悪徳業者も存在しており

必ずキャップが開いているかどうか

確認してから買う必要があるので

注意して購買する必要がありました。

 

それでも不安な時は

何処でもコカコーラを販売していますので

ご購入をおすすめします

 

大体40ルピー(2019年時点 60円)

位で販売されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122123126j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122123148j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122123211j:plain

 

壁の落書きが多い町でしたが

そのアートは非常に繊細で美しく

インドの神様、ラクシュミリやガネーシャが

壁の壁面に描かれており

アートの町でもありましたね

 

なかなか日本では

お目にかかれない色彩デザインで

落書きですけども

非常に芸術を楽しめると思います。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122123550j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122123623j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122123645j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122123714j:plain

 

町には野菜や生活雑貨を

そしてインド特性の香辛料を販売する

行商で溢れかえっており

僕は毎朝、朝食のバナナ買いに

行ってました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122124849j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122124920j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122125223j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122125316j:plain

 

旧市街の路地は狭い、

 

しかしインドに暮らす人々の

息づかいが直接肌に感じ

普段の日常を覗かせてくれます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122124120j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122124149j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122124218j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122124241j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190122124318j:plain

 

旧市街地の細い路地を抜けますと

大きな広場に到着します。

 

観光客やガンジス川に巡礼に

来られて方で町はごった返しており

活気に満ち溢れておりました。

 

しかし怪しい奴等も多く

 

大麻どうですか~?

 

って聞いてくる

怪しい日本語使いのインド人も多く

この人たちとバトルが勃発し

喧嘩することも度々ありましたね

 

でも普通のインド人は気さくでやさしく

やっぱり旅をするのに

人間を見る目が必要なんだと思いましたね~

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

次の記事

 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク