KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

仙台市太白区 秋保町長袋地区と戦国武将秋保氏の歴史と史跡

どーもKABUOです。

 

仙台市太白区秋保町野尻から

仙台市青葉区長町を結ぶ

二口街道に沿って

歴史や史跡調査を行っておりました

 

前回の記事はこちら

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回ご紹介しますのは

仙台市太白区秋保町長袋を中心に

当時この地を治めた

戦国武将秋保氏の歴史や史跡を

ご紹介できればと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

秋保町長袋地区と戦国武将秋保氏の歴史と史跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181221225355j:plain

 

仙台市太白区秋保町長袋

 

秋保町長袋地区に到着です。

 

秋保町長袋地区は

二口街道の宿場町として栄えた

歴史を持った町で

 

地名の由来は

名取川の流れが長く曲流して

袋状をなし、北に平地を抱く

地形にちなんだとされます。

 

そしてこの地区は

戦国武将秋保氏の居城があり

周辺には多くの史跡が残っている

地区になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181221230536j:plain

 

向泉寺

 

戦国武将秋保氏は平清盛の子、

平重盛の流れを組んだ一族で

壇之浦の戦いで破れた後、

孫の長基と従臣平貞能と主従十数名で

この秋保の地に逃れ土着し

秋保氏と名乗った事から

秋保氏の歴史が始まります

 

この向泉寺には長基が

この地に逃れたときに重盛が崇拝した

阿弥陀如来を持って逃げ

向泉寺を建造し祀ったとされ

 

従臣の平貞能はその後

仙台市青葉区大倉に移住し

名を定義と名前を改め

三角あぶらあげで有名な

定義山西方寺の由来となった方です。

 

定義山西方寺はこちらで

記載しております。

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181221233535j:plain

 

楯山城址

 

この城は

秋保家五代小松基盛によって

築城されたといわれ

秋保氏の居城となったお城で

 

四方に川や山に囲まれた

天然の要害で頂上からは

秋保の地を一望でき

楯山城を中心に秋保氏は以後

300年に亘り統治を行います。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181221234802j:plain

 

長館跡 秋保家家臣団集落


戦国時代に入りますと

秋保氏は伊達政宗の配下に加わり

二口街道の山形、宮城の

境界沿いの守備にあたり

山形城を治める最上義光とは

小競り合いがあったと記録されています

 

こちらの長館跡は主に平時の際に

当主秋保氏と家臣団が

居城したとされており

現在でも当時の面影が残っておりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181222000134j:plain

 

 境野館跡

 

秋保氏は親族を各地に分布し

秋保地区の統治を進めておりましたが

戦国時代も終わり江戸時代の頃、

 

伊達政宗によって1603年

刈田群小村崎村(蔵王町)へ所替の

命を受け移住しますが

 

1652年

帰郷をゆるされ秋保の地に戻り

それから幕末までの間、

長く秋保町を中心に統治を

行いました。

 

秋保町長袋地区には

数多くの城や館跡の史跡が

残っておりますので興味ある方は

ぜひ立ち寄ってみてください

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

次の記事

www.yamagatakabuo.online