KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

仙台市太白区 勝負の神様、秋保神社で参拝した話 二口街道を行く

どーもKABUOです。

 

山形から仙台に向かう

二口街道沿いにあります

史跡巡りを行っておりました

 

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は

勝負の神様がいるとされる

秋保神社に参拝しに行った時の

お話をさせて頂きます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

勝負の神様、秋保神社で参拝した話

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181216150345j:plain

 

宮城県道62号線

二口街道沿いを進みますと

秋保神社に到着!

 

看板にvictoryと書いてありますね!

("⌒∇⌒")

 

 

こちらが

秋保神社の場所になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181216150932j:plain

 

 

秋保神社の由緒ですが

 

平安初期の大同3年(西暦808年)、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷平定の折、この地に熊野神社(現在は摂社として御本殿の南側に鎮座)を祀ったと伝えられ、1200年の歴史を有します。

時代は下り、今より凡そ500年前の室町時代には、秋保村領主秋保氏の祖先平盛房が諏訪神社を勧請、熊野神社に代わって秋保郷の守護神とし崇拝しました。元々秋保氏の祖先平重盛の孫である資元は平氏で、西海に没落の後、平基盛に至り永仁3年鎌倉将軍維康親王に仕え、奥州名取郡を賜り秋保郷に居住し、徳治2年には左近衛将監に任じられました。

 

数代を経て、平盛房に至り明応9年深谷大曲城主の永井掃部晴信に攻められ、再び没落して最上山形に流浪し、天童に留まること12年余り、厭世の極み、西海巡礼を思い立ち、途中信州は諏訪に鎮座の諏訪大神に本土恢復を祈願しました。数年後天童に帰ると、秋保郷では永井氏が民をしいたげ非道であったため、民の苦しみは甚しく、しかるに盛房を慕いこれを天童より迎え入れ、永井氏の居城戸崎を攻めてこれを亡しました。早速盛房は信州諏訪の神霊を奉じ来りてこの地に勧請し、祈願所としたと伝えられ、時に永正10年(西暦1513年)でありました。

 

爾後戦勝の御神徳により伊達家の尊崇も寄せられ、正保3年には二代藩主忠宗公の参詣があり、伊達家の永久祈祷を仰せ付けられ、慶長5年には大社が建立されました。
明治5年には村社に列せられ、同40年には供進社に指定され、42年勅令により、秋保五カ村の大字馬場の愛宕社をはじめ、長袋の神明社、新川の新川神社、湯元の湯神社、境野の八幡社、羽山社、新川の白山社の各神社を合祀、諏訪神社の社号を秋保神社と改め、名実ともに秋保総社となりました。
御祭神は建御名方神をはじめ天照皇大神他七柱を祀り、生活安定・五穀豊穣、火防、開発、開拓、特に勝負の神、大願成就、開運の神様として名高く、御利益は多方面に亘りあらたかであります。

(公式ホームページ引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181216152227j:plain

 

古くからは「お諏訪さま」と呼ばれ

秋保の村々の信仰の対象とされて

いたそうで、

 

最近では

フィギュアスケートの羽生結弦、

ボクシングの村田諒太選手が

参拝にお越しになられ

見事金メダルを手にしました。

 

・・・・

めっちゃご利益があるじゃん

( *゚A゚)!!

 

ここで参拝すれば

どんな勝負にでも勝てるって

訳なんですね~。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181216152753j:plain

 

では社殿で参拝しましょう

 

以前はのぼり旗も無く

地味な神社でしたか

今では活気に満ち溢れており

 

お話を聞いたところ

抜刀の方を呼んで悪縁切り抜刀等の

行事も開催される事となり

ますます活気に磨きが

かかるそうです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181216153809j:plain

 

 では最後にこちらの写真を・・・

(/▽\)♪

 

 いまさら説明する事はないでしょう(笑)

 

何か勝負をかける

大事な時がありましたら

こちらの神社で参拝してみては

いかがでしょうか

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク