KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

仙台市青葉区 亀岡八幡宮と川内地区の歴史と史跡を見に行った話

どーもKABUOです。

 

仙台市青葉区にあります川内地区、

 

仙台城の裏側にありまして

東北大学の学科のキャンパスが

多く並んでいる地区でもあります

 

今回川内地区を中心に

史跡巡りを行いましたので

ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

亀岡八幡宮と川内地区に歴史と史跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210221751j:plain

 

広瀬川と牛越運動公園

 

仙台市青葉区八幡から

牛越橋を渡りますと

川内地区に到着します。

 

こちらの牛越運動公園では

秋になりますと芋煮を楽しむ

仙台市民の憩いの場所でもあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210222654j:plain

 

川内地区の歴史

 

川内地区には

川内三十人町、川内亀岡町、

川内元支倉、川内澱橋通等

川内と付く地名が多くあり

 

川内の地名の由来ですが

広瀬川を中心に

北、東、南に川で囲まれている所から

この名を付けられたとされます。

 

また川内を音読すると

(せんだい)と読めることから

仙台という地名の

由来ともなったそうです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210223355j:plain

 

現在は集合住宅が並んでおりますが

江戸時代の頃は

重臣の屋敷をはじめ、諸士や職人

寺社などが軒を連ねる城下町でした。

 

明治時代になりますと

軍の駐屯地とされ

多くの軍機関が並びましたが、

 

空襲により壊滅的な被害を受け

戦後、米軍がこの地に駐留し

仙台地区を管轄します

 

その間

まわりには洋風建築が建造され

昭和32年の11月に返還されるまで

日本人が容易に立ち寄れない

場所でもありました

 

ここからは周辺地域の史跡を巡ります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210225055j:plain

 

三居沢大聖不動尊

 

由緒は不明ですが

社殿の裏側に滝が流れており

霊験あらたかな雰囲気があります。

 

しかし

心霊スポットの噂もありましたので

ご注意ください。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210225654j:plain

 

三居沢発電所

 

東北初の発電所で

建物が有形文化財に登録されており

 

となりの

三居沢電気百年館では

電気の歴史に学べる

資料館になっておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210231456j:plain

 

亀岡八幡宮

 

住宅街にあります亀岡八幡宮

 

伊達氏始祖、伊達朝宗が

福島県伊達郡染川に

鶴岡八幡宮を勧請して建立し

 

その後、

仙台藩四代藩主伊達綱村によって

現在地にこの地に移されます。

 

空襲の際でも残った鳥居と

365段もある階段を登り参拝、

春の季節には桜が咲く

桜の名スポットでもあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210232834j:plain

 

大本山成田山仙台分院

 

新しい寺院ではありますが

こちらの屋上には

特大の不動明王が安座されています。

 

結構見ごたえがあり面白かったです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181210234257j:plain

 

川内地区を抜けると

東北大学のキャンパスが見えてきます

道が綺麗に整理されており

学問をするにはぴったりな

素敵なキャンパスです。

 

以上川内地区の史跡巡りでした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク