KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

金山町 金山町の美しき宿場町の風景 羽州街道を行く

どーもKABUOです

 

羽州街道の歴史の続きになります

 

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は

山形県金山町の歴史について

ご紹介します。

 

羽州街道の宿場町として

発展をした町ですが

現在でも古い家屋や蔵が多く残り

宿場町の形成を色濃く残した

素敵な町並みですので金山町の

魅力をお伝え出来ればと思います。

 

スポンサーリンク 

 

 

金山町の美しき宿場町の風景

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118105336j:plain

 

上台峠

 

新庄市昭和地区から

金山町上台地区を結んだ古い峠道です

 

金山・新庄間の人々の往来や

物資の輸送に大きな利便性を

もたらしましたが

 

国道13号線の整備が進み

上台峠をを迂回する道が出来た為

廃れてしまいました。

 

上台地区内の旧近岡家には

明治天皇行幸記念碑が残っており

歴史を伝えております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118114145j:plain

 

金山町中心街 宿場町跡

 

秋田佐竹氏による羽州街道の

整備により交通が活性化される以前から

神室山、有屋峠を越えて

秋田県院内地区を結んだ

交通の要所として栄えた歴史を持ち

 

町内には最上義光の支城、

金山城があったことから

軍事的な要衝でもありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118114936j:plain

 

宿場町の名残の風景

 

町内を歩きますと

宿場町の風景が色濃く

古い家屋や蔵が数多く残っており

僕は勝手に山形の小京都と

呼んでおります("⌒∇⌒")

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118115506j:plain

 

マルコの蔵

 

最近では蔵を改築して

お洒落なカフェなども

オープンしております。

 

外装はこんな感じで、

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118115641j:plain

 

内装はこんな感じです。

 

町の特産であります金山杉を

ふんだんに使用しており

木の温もりを感じられる内装です。

 

休日でも人はあまりおらず

ごちゃごちゃしておらず

ゆっくりとお茶を楽しむ事が出来る

隠れた名スポットです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118123256j:plain

 

金山町の自治体はは

景観の維持に特に力を入れており

 

その歴史は古く

新庄駅から秋田県湯沢駅を通す

鉄道工事の際も

特産である金山杉を守る為

真室川町経由で迂回させる鉄道工事を

行った歴史も残っております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118131432j:plain

 

 金山大堰

 

金山町の農業用水路として

活用されていた物を

昭和52年度より7年にかけて

改修工事を行い

現在の美しい景観へと生まれ変わりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118135005j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118131509j:plain

 

用水路には200匹もの鯉が放され

優雅に泳いでおりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181118142936j:plain

 

イザベラバート記念碑

 

イギリスの紀行作家で冒険家でもある

イザベラバートが金山町に訪れたのが

西暦1878年になります

 

今朝新庄を出てから、険しい尾根を越えて、非常に美しい風変りな盆地に入った。ピラミッド形の丘陵が半円を描いており、その山項までピラミッド形の杉の林で覆われ、北方へ向う通行をすべて阻上しているように見えるので、ますます奇異の感を与えた。その麓に金山の町がある。ロマンチックな雰囲気の場所である。私は正午にはもう着いたのであるが、一日か二日ここに滞在しようと思う。駅亭にある私の部屋は楽しく心地よいし、駅逓係はとても親切であるし、しかも非常に旅行困難な地域が前途に横たわっているからである

イサベラ・バード「日本奥地紀行」 高梨健吉訳より         

( 金山町公式ホームページ引用)

 

世界各地を旅をしたイザベラバートは

この金山町を大変に気に入り

この町に滞在した事を記念し

建造された記念碑になります。

 

当時と町並みは変わっていると思いますが

ロマンチックの雰囲気の場所は

今でも風情として残っております

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 次の記事

www.yamagatakabuo.online