KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

新庄市 鳥越の一里塚と新庄城下町の歴史と史跡 羽州街道を行く

どーもKABUOです。

 

新庄市鳥越地区から

新庄市中心街に入ります

 

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

 今回は、

新庄市の中心街を中心に

昔の古い街道沿いを通り

新庄の城下町跡の歴史や史跡を

ご紹介できればと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

新庄城下町の歴史と史跡

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181012230523j:plain

 

鳥越の一里塚

 

前回ご紹介しました

鳥越八幡神社から羽州街道沿いに進むと

こちらの鳥越の一里塚に到着。

 

舟形町紫山の一里塚からここまで一里、

ここから新庄城下町南口の

入り口になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181012231618j:plain

 

芭蕉の句碑と柳の清水跡

 

先程の一里塚から少し進むと

松尾芭蕉に関連した史跡跡

柳の清水跡に到着します。

 

新庄の風流亭を訪れる予定であった

芭蕉と曽良の一行は

鳥越の一里塚前を通り掛かかり

湧き水溢れる柳の清水で喉を潤し

小休憩を取ったとされ

 

その後風流亭の渋谷甚兵衛宅を

訪れた芭蕉は

「水の奥、氷室尋ねる柳かな」

という挨拶の句を読んだとされます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181012233035j:plain

 

芭蕉の句碑から街道に沿って

新庄の城下町に入るのですが

現在は、奥羽本線の線路が横切り

道が通れませんので

ここで一旦迂回します。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181012234028j:plain

 

金沢八幡神社

 

新庄市金沢町に到着します。

 

地名の由来は金堀沢という

沢名から由来が来ており

金が採掘されておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181012234641j:plain

 

新庄市金沢町

 

ここ金沢町は

新庄城下町の南入り口の町。

多くの寺や神社がおかれ

裏町には足軽組が配置されていた。

本通りには酒屋、茶屋が並んでいた

(新庄市・新庄商工会議所引用)

 

ここの通りを歩くと古い商店が並び

古い街道の面影が微かに

残っている印象を受けます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181012235354j:plain

 

 まかどの地蔵

 

接引寺にあります、まどか地蔵

 

1755年

この地を襲った酷い冷害による

大飢饉が起こり餓死者が多く

出てしまう悲惨な歴史がありました

 

この餓死者を供養するために

村々の人々が建立したものになります

 

お彼岸の季節になりますと

ぼた餅や団子をお供え

地蔵様の口にあんこ口に付けて

食べさせる風習が

この地では行われております

 

写真を見て気づきましたが

確かに口元が

あんこで汚れていますね(笑)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20181013000801j:plain

 

鉄炮町

 

とりもつラーメンが有名な

一茶庵支店さんの通りがある鉄炮町。

 

敵の侵入を防ぐために

鉄砲組を置いたところ。

昔は、持筒(鉄砲の事)町とも呼んだ

(新庄市・新庄商工会議所)

 

とりもつラーメンは新庄市の

ご当地ラーメンで

あっさりしており

ラー油を少し垂らして食べると

旨いんですよね(* ̄∇ ̄*)

 

次回も新庄城下町の歴史を

ご紹介していきます。 

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

 
www.yamagatakabuo.online

 

次の記事

www.yamagatakabuo.online