KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

村山市 尾花沢市 悪路!背炙り峠の道中を行く

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

どーもKABUOです。

 

村山市、湯沢から

尾花沢市、畑沢そして延沢地区を結ぶ

県道29号線。

 

その昔

背炙り峠と呼ばれた街道です。

 

今回はその道中にありました

歴史や史跡等を

ご紹介出来ればと思います

 

悪路!背炙り峠の道中を行く

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920204528j:plain

 

 県道29号線の入り口

 

村山市楯岡から

湯沢方面にむかう

県道29号線の入り口になります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920205153j:plain

 

 祥雲寺

 

楯岡湯沢地区にあります

こちらのお寺

代々楯岡城主の菩提寺になっている

お寺になり古い歴史を持つお寺です

 

楯岡城の歴史やこちらのお寺の

詳しい内容はこちらに記載しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920205939j:plain

 

大倉小学校跡

 

県道29号線の道中

たも山地区に到着。

 

地名の由来は

山間地帯一面が

たもの木の林であったことに由来。

 

1889年

林崎、たも山の2か村が合併し

大倉村が発足

1954年

周辺市町村と合併し消失しますが

こちらの小学校跡に大倉の

地名が残っております。

 

しかし2013年

楯岡小学校と統合し廃校となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920211418j:plain

 

村山市中沢地区の入る途中に

ありますこちらの看板から

尾花沢方面に曲がると

背炙り峠の入り口に到着します。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920212030j:plain

 

中沢の棚田

 

背炙り峠の入り口手前にあります

中沢の棚田

山形の棚田20選に選ばれた

とても美しい棚田です。

 

また山形の穴場スポットを

発見してしましました("⌒∇⌒")

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920213003j:plain

 

背炙り峠の入り口

 

ここからヘアピンコーナーが続く

背炙り峠の本番になります

僕のCUBもパワー不足で

ギア1

時速10㎞

で峠を越えます(笑)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920213557j:plain

 

道はこんな感じです

 

銀山温泉から山形市方面に進むと

カーナビは賢いので最短距離の

こちらの背炙り峠をルート指定する

そうですが

 

絶対来ちゃダメだって!

 

軽自動車ギリで2台通れるか位の

せっまい道が続きます

 

これでワゴン車なんて通った日には

絶対すれ違いなんか無理です

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920214131j:plain

 

路肩もこんな溝がありますので

タイヤがとられて

JAFを呼んでもお手上げです

 

今回、調査中

何台か自動車とすれ違いましたが

 

全部県外ナンバー

 

ご愁傷さま・・という気持ちに

なってしまいました(笑)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920214639j:plain

 

背炙り峠から見える中沢の棚田

 

背炙り峠から見える中沢の棚田です。

絶景のスポットではないでしょうか!

 

ここで

背炙り峠の歴史をご紹介します。

 

この峠は歴史的に重要な役割を果たしてきた。古代から明治初めまで、宮城県側から山形方面への重要ルート上にあったと言われている。宮城県の軽井沢峠から山形県側に入り、上の畑、六沢、延沢、畑沢を通ってこの峠を越え、さらに山沿いに中沢、新山、湯沢を通って楯岡へ続いていた。やがて、15世紀中ごろから今の銀山温泉の近くで大規模な金・銀の採掘が行われてからは、金・銀の主要な搬送路としてこの峠が使われた。逆に鉱山へは推定2万人が消費する食糧などの日用品もこの古道で運ばれた。  しかし、全国でも屈指の鉱山も17世紀の半ばを過ぎると衰退してしまうが、今度は出羽三山への参詣路として使われるようになり、奥羽地方だけでなく関東地方からも盛んに参詣者が通行した。江戸時代には宿駅制度が始まったが、背中炙り峠を越える道はそのルートには選ばれなかった。それでも背中炙り峠越えが盛んに行われた。しかし、江戸時代の後期になると、ついに宿駅制度の疲労が顕著になり、羽州街道の宿駅と、背中炙り峠を利用する地域の間とで摩擦が生じ、「背中炙峠一件」と言われる代官所での訴訟になった。

(Wikipedia引用)

 

延沢地方を治めていた国人、延沢氏

銀山発掘によって国力を高めた

戦国武将になります

 

延沢氏の歴史はこちらで紹介しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

銀山で発掘した銀は背炙り峠を越え

山形城、城下町に運ばれ

山形藩の財政を潤せたと伝わっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920222443j:plain

 

古い地滑り用の石積

 

背炙り峠の名前の由来は

 

延沢地区から楯岡地区に向かう途中

朝早くから村を出た時は

背中に朝日を受けながら峠を越え、

一仕事終えて帰るときには同じく

夕日を背に受けながら峠を越えた事から

この名が付いたと言われております

 

こちらは道中にありました

地滑り防止の

石積で整備された道になります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920223356j:plain

 

尾花沢市畑沢地区

 

背炙り峠を越えて

尾花沢市畑沢地区に到着です。

 

銀山が衰退後は

宮城県から尾花沢を結ぶ

最上軽井沢街道の脇道として使用され

出羽三山の参拝者等、

多くの人々が行き交いしましたが

 

尾花沢、土生田、本飯田を通る

宿場町の人々は困ってしまいます

 

宿場町では旅人や荷物の往来によって

賃金や税収を徴収しており

脇道の背炙り峠を越える事は

宿場町の生活に関わる事でしたので

尾花沢代官所に訴えでるといった

事件が発生した歴史があったそうです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180920230432j:plain

 

延沢八幡神社

 

畑沢地区から

ゴール地点の延沢地区に到着です

 

村山地区から直接銀山温泉に行くには

近道なんでしょうが

道幅が狭く夜は電灯も無いので

通る際はくれぐれも

注意して走行しなくてならない場所です

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

 

スポンサーリンク