KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 高瀬地区の歴史と史跡 二口街道を行く

どーもKABUOです。

 

二口街道の歴史と史跡を

調べまわりました。

 

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は

山形市高瀬地区の歴史と史跡を

中心にご紹介します

 

スポンサーリンク

 

 

 

高瀬地区の歴史と史跡

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917180059j:plain

 

高瀬駅

 

では高瀬地区に出発します!

 

高瀬地区の歴史は

仙台と結ぶ二口街道沿いに集落を形成

仙台城の背後を抜ける要道だった為

たいして整備されることは無く

生肴のほかたいした荷物もなく

出羽三山の行者が利用する

寂しい街道でした

 

しかし

山寺を創建した円仁がこの街道を

利用して山形に入った歴史が

残されており周辺地域には

関連史跡が多く残っております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917223718j:plain

 

1889年

下東山、上東山、切畑、 高沢

大森、中里村が合併し

地区を流れる高瀬川から地名を取り

高瀬村が発足し

1954年

山形市に編入され現在にいたります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917181117j:plain

 

高瀬地区のマップ

 

スタジオジブリ

「おもひでぽろぽろ」の舞台となり

7月の上句には紅花が咲き、

紅花まつりが開催されます。

 

映画冒頭の山形駅に映る

ビブレに懐かしさを込み上げながら

いつも映画を見てしまいます

("⌒∇⌒")

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917194244j:plain

 

風立寺

 

最上山風立寺は、天台宗の高僧円仁により、山寺よりも早く開創されたという縁起も残っているだけに、その周辺には宗教的な遺跡が多く残され、境内の山上からは、土師器や須恵器が出土している。 
 風立寺の阿弥陀像は、大正3年に火災にあい、その後に再建されたものであるが、古来「三宝岡の生き如来」として有名で、遠方から多くの参詣者があった。また境内には、この宝篋印塔の多層塔や板石塔婆が残り、その発祥の古さを物語っている。 
 宝篋印塔は、凝灰岩で基礎塔身笠を合わせて173cm(5尺7寸)あり相輪を加えると、優に2mを越える堂々たる石塔である。塔身の正面に蓮座と胎蔵大日如来のアークを梵字で陰刻されている。 
 宝篋印塔は、一種の供養塔であるが、古いものは、県内でも数える程しか遺っていないが、この塔は、その中でも特に優れ、その造立は鎌倉時代と推定されている。

(山形市観光協会引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917200623j:plain

 

慈覚大師、円仁により

山寺よりも早く開創された風立寺

古い歴史を感じる寺院でした。

 

しかし虫が多く

虫刺されにあってしましました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917200145j:plain

 

休石

 

二口街道を通り高瀬を訪れた

円仁がこの休石で休息したとされる

史跡が残っております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917203201j:plain

 

八幡神社

 

高瀬地区にあります八幡神社

 

前九年の役

安部貞任との戦いのおり

この地に訪れた源義家が

守り本尊の八幡大菩薩を

祀ったとされる

由来が残っております。

 

前九年の役は岩手方面の戦いなのに

なぜ源義家は山形を経由したのか

疑問なんですよね

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917204036j:plain

 

山形市宝沢地区から

高瀬地区までトンネルが通り

交通が便利になりましたが

古くから立っていた

石碑も道路工事の為、

移動され一ヶ所に

まとめられております。

 

二口街道が通っていた

古い道筋も消失しており

調査するにも一苦労です

( ;∀;)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917212707j:plain

 

二口街道沿いを進み

平石水に到着

 

ここから坂が続き

宿場町があった高沢地区を

目指します。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180917214302j:plain

 

高沢の開山スギ

 

二口街道の宿場町として

栄えた山形市高沢

 

こちらのスギは

1278年

高沢にあります青雲寺を開いた

一向上人が携えていた杖を

立てたのが着根したものと

伝えられており

開山スギの名前がつけられ

県指定天然記念物に指定。

 

二口街道は

高沢地区から清水峠を越え

秋保を通り仙台城下町を

目指したそうで

現在では山道となっており

登山で楽しむ方が行き交うのみと

なっております

 

今回の調査はこれで終わりますが

次回の調査は仙台方面から

調査をし仙台城を目指して

行きたいと思います

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク