KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

スポンサーリンク

山形市 北畠神社と中里地区の歴史 二口街道を行く

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

どーもKABUOです。

 

二口街道の歴史や史跡の

調査を行いました

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は

天童市荒谷にあります北畠神社や

山形市中里地区を中心に

二口街道沿いの歴史や史跡を

ご紹介していきます。

 

北畠神社と中里地区の歴史

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180914211732j:plain

 

風間の道標

 

山形市風間地区から出発

風間のガードレールを潜ると

こちらの古い道標を発見。

 

左は山寺、右は高野と書かれております

 

山形から仙台に向かう二口街道は

山寺から山伏峠を越えるルート

山形市高瀬地区から清水峠を越える

ルートの二つに分かれ

仙台藩藩境にあった

二口番所で合流しました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180914213026j:plain

 

 北畠神社

 

風間から大森を通り、山寺に向かう途中

天童市荒谷にあります北畠神社

 

南北朝時代、

この地を治めていた

南朝派の武将、北畠顕信と

北朝派の吉良貞家、貞経親子が

合戦した場所だとされます

 

北畠顕信は合戦に勝利し

天童、舞鶴山に城を築城し

天童一帯を治めましたが

山形に入部した斯波兼頼の

圧力に屈してしまい

青森県津軽地方浪岡に敗走します。

 

その後、浪岡に土着し

青森一帯を支配した南部氏の

客将として迎えられます。

 

 

ここ北畠神社から二口街道沿いに進むと

天童から続く山寺街道へと合流し

山寺立石寺へと到着し山伏峠に行きますが

現在は封鎖されており

仙台方面へは向かい事が出来ません 

 

山寺までの道中は

こちらの記事に記載しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180914224538j:plain

 

高楯中学校

 

先程の道標から右に進み

山形市中里地区に入ります

 

ここ中里地区には中里楯と呼ばれる

お城があったとされ

城主、安食光信は

のちに村山市土生田城を治めたとされ

伊達政宗と芦名氏が戦った

摺上原の戦いの際に

伊達軍への援軍として派遣されたと

伝わっております。

 

こちらの高楯の地名から

当時、お城があった事が

わかりますね。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180914230402j:plain

 

 高瀬川

 

中里地区を抜けると

高瀬川が見えてきます

 

カジカと蛍が住む綺麗な清流で

春先になりますと

川に鯉のぼりを上げます

 

鯉のぼりの上がる時期に

もう一度訪れ写真におさめたい物です。

 

 

次回、高瀬地区の歴史をご紹介します。

 

つづく

 

www.yamagatakabuo.online

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク