KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 青柳地区と十文字地区周辺の歴史と史跡 二口街道を行く

どーもKABUOです。

 

山形市から仙台に向かう

二口街道の調査を行いました

前回の記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は少し寄り道しまして

山形市青柳、十文字地区の周辺の

歴史や史跡をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

青柳地区と十文字地区周辺の歴史と史跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180913200056j:plain

 

青柳城跡

 

青柳地区は低湿地帯であるため

池沼が多く養鯉が盛んに行われ

地区には最上義光の家臣

長谷川長右衛門の居館跡があります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180913200618j:plain

 

青柳八幡神社

 

高瀬川の氾濫から守る氏神として

お八幡様と言う石の堂を安置した

ことから始まり、

 

明治5年

八幡神社と改め村社となったと

案内板にかかれております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180913201119j:plain

 

長谷観音

 

青柳八幡神社と

同じ敷地内にあるこちらの寺院

 

山形城主最上兼頼の建立と

案内されており、

おそらくは山形に入部した

斯波兼頼のことだと思います。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180913201749j:plain

 

経壇山

 

経壇山の名所の由来は

昔、一本に浄光寺と言う寺があり

最上義光の時代に山形の鍛冶町に移った。

その際に多くの経典や経巻が

土中に埋められ経壇山と

言われるようになった

(楯山コミュニティーホームページ引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180913202622j:plain

 

伊達城地区

 

青柳地区から

新開、伊達城地区に来ました

 

こちらは戦時中、

空軍の飛行場基地があり

激しい空襲を受けた

地域でもあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180913203002j:plain

 

伊達稲荷神社

 

1521年

伊達稙宗は上山、山形城を攻略し

漆山伊達城に本陣を置き

戦の指揮を取った。

 

その時稙宗が陣内に稲荷神社を祀り

良民に崇拝させたのが神社の始まりで

後に、伊達家は仙台に移封となり

伊達城は廃城になった

 

昭和53年に現在の社殿が完成し

今にいたります

 

伊達城の地名の由来も

この地域に伊達城と呼ばれる

伊達家の支城があったことから

由来となっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180913212803j:plain

 

天満神社

 

山形市十文字地区にあります

天満神社

境内は広く、 神聖な場所です。

 

以上、青柳、十文字地区の

歴史と史跡の紹介でした

  

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

 

スポンサーリンク

 

次の記事

www.yamagatakabuo.online