KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 落合地区と二口街道の歴史 二口街道を行く

どーもKABUOです

 

山形県山形市と宮城県仙台市を結ぶ

街道をいくつかありますが

今回は、山形市銅町から 

二口橋を通り山形市風間から

山寺、そして高瀬地区に分かれ

仙台の城下町に通じていた

二口街道の調査を行いましたので

落合や高瀬地区等の歴史や史跡と共に

ご紹介できればと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

落合地区と二口街道の歴史

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180912191415j:plain

 

 二口橋

 

二口街道は仙台と山形を

最短で結ぶルートとなっており

山寺地区から向かう山伏峠と

高瀬地区から向かう清水峠を越え

仙台城下町に入ります

 

街道の名前の由来は

仙台から山形に向かう藩境の途中、

二つに道が分かれていることから

二口街道の名前の由来となっており、

 

仙台藩と山形藩の物資の往来があった

歴史のある街道です。

 

山形からの起点はこちらの

二口橋からとなっており

馬見ヶ崎の川原沿いでは

芋煮をして楽しんでいる

学生さんや家族を見かけます。

 

しかしその歴史は

馬見ヶ崎の河川敷流域は

山形藩の処刑場として使用された

暗い歴史があった場所です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180912211123j:plain

 

延命地蔵菩薩

 

1758年に建立

昔、子供が夜泣きをして困ったとき

この地蔵さまにお詣りすれば治るので

いつしか夜泣き地蔵尊とよばれ

信仰されるようになりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180912212149j:plain

 

落合地区

 

落合の地名の由来は

大川堰と野呂川が当地で

合流することに由来しております。

 

大野目地区の開発により

周辺一帯は新しい町並みに

変わりましたが

二口街道沿いの落合地区には

昔ながらの古い町並みが残っており

 

羽州街道が整備される以前は

この落合地区を通って

山形から天童へと向かう

羽州大道と呼ばれる

古い街道ありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180912213437j:plain

 

遺跡 八貫橋

 

大野目温泉近くにあります

こちらの史跡

 

山寺石を使用した橋であったが

野呂川の度重なる洪水によって流され

現在の橋に至っています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180912214229j:plain

 

山形流通団地

 

先程の八貫橋を渡ると

到着します山形流通団地、

1970年代頃から開発され

食品や運送等の山形の

物流を支える会社が並んでおります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180912214734j:plain

 

風間の六面童

 

そんな開発された流通団地の前に

ひっそりとたたずむこちらの史跡

 

街道沿いの交通安全を祈願した

室町時代に造立した地蔵菩薩で

山形市指定有形文化財になっております。

 

ここから二口街道を通り

山形市風間に入りますが

現在は国道13号線による

バイパスの造設により

道を迂回しなければなりません

 

山形市風間地区の歴史は

こちらでまとめています

 

www.yamagatakabuo.online

 

風間地区に入ったのち

二口街道は分かれ

山寺、高瀬地区に進みます。

 

以上、

落合地区と二口街道の歴史でした。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

次の記事

www.yamagatakabuo.online