KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

スポンサーリンク

村山市 楯岡城の歴史 羽州街道を行く

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 どーもKABUOです。

 

前回の記事はこちらになります

 

www.yamagatakabuo.online

 

今回は、村山市楯岡にあります

楯岡城の歴史と周辺地域の

史跡をご紹介していきます。

 

楯岡城の歴史

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628065449j:plain

 

湯沢沼

 

村山市楯山に築かれた楯岡城は

四方を断崖や湖沼で囲まれ

自然の要害に築かれた堅固な山城で

 

1208年

前森今嶺によって築城され

前森氏4代に渡り52年間

楯岡周辺を統治されましたが

その後、前森氏は没落したと

伝わっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628071136j:plain

 

白山神社の大スギ

 

1261年

本城氏が入部し5代144年間

村山市楯岡周辺を統治しますが

その後、没落していきます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628071707j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628071742j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628071812j:plain

 

祥雲寺 楯岡氏菩提寺

 

1406年、

 斯波兼頼の孫である

山形城3代目当主、最上満直の四男

最上満国が入部され楯岡満国へと

名前を変え統治していき、

 

楯岡満国は祥雲寺や楯岡八幡神社を

再建したと言われ

 

その後、

楯岡満国が亡くなった後、

祥雲寺に埋葬され楯岡城主代々の

菩提を弔う菩提寺になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628210625j:plain

 

楯岡城までの山道

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628210718j:plain

 

楯岡城の途中にあった

お稲荷さんの祠

 

楯岡氏はその後、

天童を拠点にしていた天童氏と

婚姻関係を結ぶ等関係を深め

天童八楯の一員として楯岡周辺を

統治していきますが

 

1584年

6代目城主、楯岡満英の時に

山形城城主、最上義光と天童頼久の

天童合戦が起こると天童側の延沢氏等、

天童八楯裏切りが相次ぎ敗北、

 

その後、

満英は自害してしまいます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628074721j:plain

 

楯岡城趾

 

楯岡満英が自害した後、

楯岡満茂が相続し、その後は

最上義光に服従し

義光の右腕として活躍します。

 

その後関ヶ原の合戦と

慶長出羽合戦の後に石高を加増され

1603年、秋田県由利本荘市にある

本荘城に移封され統治し、

 

楯岡城には1618年

最上義光の弟、最上光直が

入部し、名前を楯岡光直に改め

楯岡城を中心に城下町を築きあげました

 

楯岡城跡地にはほとんど

史跡らしものが残っておらず

僅な櫓跡が残ってるばかりでした。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628212154j:plain

 

 楯山展望台

 

しかし、長く統治は続かず

最上義光死後に家臣団で争いが

起こるようになり

重く見た江戸幕府は

最上家の改易を命じる

重い処罰を下し、楯岡光直は

豊前の細川家にお預けの身となり

楯岡城は廃城となりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180628213025j:plain

 

楯山展望台の風景

 

現在、楯山城跡地には

楯山展望台が建てられ

展望台からは、村山市楯岡の町並みや

東根温泉と東根市長瀞地区の

景観が広がっています。

 

楯山城がある楯山は

様々なトレッキングルートが

整備されており

野生のタヌキと遭遇する

ハプニングもありましたが

楯山の自然を満喫する事が出来ました

 

ルートによりますが小高い山位ですので

それほどのキツイ山歩きは無いので

ちょっとした散歩がてら

訪れるのをオススメします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

クリックをお願いします。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク