KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

中国北京を行く🇨🇳 世界遺産、紫禁城をご紹介

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

どーもKABUOです。

 

前回の記事はこちらになります。

 

www.yamagatakabuo.online

 

天安門を通ると

その先にあるのは

中国の歴代皇帝が住んだ

紫禁城に到着します。

 

現在は故宮と呼ばれており

中国の長い歴史を語るうえには

欠かせない場所でしょう!!

 

世界遺産にも登録されている

北京を代表するこのお城を

今回ご紹介できればと思います

 

世界遺産、紫禁城をご紹介

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518224502j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518225318j:plain

 

端門

 

天安門を抜けた後、

最初に端門に到着し

ここを抜けると受付がある

午門に到着します。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518230052j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518230122j:plain

 

午門

 

紫禁城の正門になる午門です。

古代中国では午は南を指し

南の門という意味でもあります

 

受け付けカウンターがありますので

ここでパスポートと持ち物検査を受け

内部に入る事が出来ます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518230851j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518230934j:plain

 

太和門 

 

午門を抜けると次は

太和門に到着します。

 

紫禁城の創建は

南京を本拠地にした朱元璋は

14世紀頃にモンゴル人の

元朝を倒し、元朝は北に敗走し滅び

1368年、南京を首都とした

明を建国します。

 

その後、1403年

永楽亭が即位すると

北京を首都として定め

元朝時代の都に手を加えて

新しい皇宮を増設したのが

紫禁城の始まりです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518233025j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518233229j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180518233315j:plain

 

太和殿

 

ここ太和殿は紫禁城の中心で

政治や儀式の中心お行い

皇帝の即位や婚礼等も行っていました

 

 明朝は栄華を極めておりましたが

 

しかし1644年

政治の腐敗と財政の悪化により

国力は衰退していき

新勢力であった後金との戦いに負け

明が滅亡し清朝が建国されます。

 

ちなみ明は日本とも関連が深く

豊臣秀吉の朝鮮出兵や

明滅亡の前には徳川幕府に対し

援助を求めた記録が

残っているそうです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521211821j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521212024j:plain

 

 近くには見事な彫刻や装飾もあります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521212336j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521212536j:plain

 

太和殿を抜けますと内廷と呼ばれる

皇帝一家の住居スペースに到着します

 

今、紫禁城に残っている

装飾の数々は清の時代に

建造されており、

明の時代にも負けない

輝かしい栄華を誇った

王朝にもある日陰りが見えます

 

19世紀に入ると社会秩序が混乱し

経済の停滞や社会の動乱が起こり

国力が低下していきます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521214025j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521214232j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521214348j:plain

 

 乾清宮

 

ここは皇帝一家が寝室として

活用された部屋になります

 

1840年のイギリスとの

アヘン戦争を皮切りに

1856年第二次アヘン戦争に

敗北した清の王朝は

欧米の植民地として領土が

切り取られていく事となります

 

この記事を書きながら

ふと思ったのは

この時代の日本はまだ

幕末に差し掛かった頃で

この中国の植民地支配が

後の、明治維新の原動力となる

ターニングポイントとして見ると

当時、日本人が抱いた感覚が

よくわかります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521224654j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521225412j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521225455j:plain

 

御花園

 

紫禁城抜けると最後に

中国庭園を楽しめる御花園に

到着です

 

日本庭園ではなかなか見られない

奇形の石を使った

築山を楽しむ事が出来ます

 

この奇怪な石がなかなか味が

あって奥深く中国庭園の

素晴らしさを感じます。

 

そして1894年

日本と清による

日清戦争が勃発し

日本が勝利を納めると

多額の賠償金により

清の国力がどん底まで落ち

さらにそこを狙った

欧米諸国が介入し

さらに領土が切り取られるほど

清王朝が末期に陥ります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521232500j:plain

 

神武門

 

紫禁城の出口です

 

清王朝末期になると

政治的閉塞感から各地で内乱が

立て続けに起き

 

そして1911年

孫文らによる辛亥革命によって

300年続いた清の王朝は

終わりを告げたのでした

 

紫禁城の数々の収蔵物はその後

国民党政府によって接収されますが

 

1945年中国共産党との内戦により

国民党が破れるとそのほとんどが

台湾に移されてしまい

台湾でしか見れなくなって

しまいました

 

そして 

ラストエンペラーである

溥儀は辛亥革命後も王宮に

住むことは許されましたが

後に追い出されしまい

そして彼も数奇な運命に

翻弄されてしまします

 

溥儀については

また時間があるときに

記載したいと思います。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521234236j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180521234313j:plain

 

景山公園

 

神武門から北に向かって

すぐにこちらの景山公園に到着!

 

小高い丘となっていまして

頂上から紫禁城を見ることが出来ます

 

当初の予定では2時間位を目安に

観光が出来ると思っていたのですが

4時間も

時間がかかってしまいました(笑)

 

だって敷地面積が広すぎなんだもん( ´△`)

 

結構歩くので靴だけは動きやすい奴を

用意したほうがいいかもしれません

 

つづく

 

スポンサーリンク