KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

最上家始祖 斯波兼頼の歴史2

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

どーもKABUOです

 

最上家始祖、斯波兼頼の歴史の

続きになります

 

前回はの記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

最上家始祖 斯波兼頼の歴史2

 

山形に入部した斯波兼頼の動向

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180501210001j:plain

 

慈光寺

 

1356年

最上郡(現在の村山郡)山形に入部した

斯波兼頼はその年、

こちらの慈光寺の境内にあたる

西根小但馬の屋敷で年を越し

 

その翌年

山形城を築きあげ最上郡を治めます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180501210850j:plain

 

山形城霞城公園

 

当時は南北朝動乱の時代であり

村山一帯は南朝方の勢力が

支配している地域でした

 

足利一門であった斯波兼頼は

北朝方であった為、南朝方の勢力と

争うこととなります。

 

当時の南朝方の主な地域と武将は

天童を本拠地とする北畠天童丸

山形市山家を治めていた山家氏

東根を本拠地にした小田島氏

寒河江を治めていた大江氏が

主な武将と勢力図となっています

 

 

そんな中、兼頼がとった策は

山家氏に対し調略をしかけ

山家氏と婚姻関係を結び

山家地域の支配を固めると

北畠天童丸、小田島氏に対して

圧力をかけ駆逐していきます

 

また天童市成生を治めていた

里見氏に対しては次男頼直を

養子に出す戦略結婚等を行い

各地域に親類を置き

支配地域の基盤を固めて

いく事となります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180226211502j:plain

 

 

大江氏との激戦 漆川の戦い

 

そして1367年

現在の大江町付近で大江氏と

斯波兼頼と兄、直持の連合軍が

激しく衝突し見事、大江氏を撃破し

村山地域一体治めることとなりました

 

南北朝時代の山形の歴史は

こちらにも記載しており

各武将のエピソードもありますので

ご覧ください

 

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

その後の斯波兼頼

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180501221133j:plain

 

円応寺

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180501221158j:plain

 

宝幢寺跡(現もみじ公園)

 

斯波兼頼は村山地域を統一するなか

様々な社殿や神社仏閣を建造し

人々の人心と安定を把握します

写真の円応寺と宝幢寺跡も

斯波兼頼が建造されたと

言われています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180502193731j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180502202011j:plain

 

 光明寺(斯波兼頼菩提寺)

 

 晩年の兼頼は、高名な遊行上人他阿元愚(たあがんぐ)の布教に感動して、自ら時宗の僧となり、其阿(ごあ)の法名を受けました。家督を嫡子直家にゆずり、城中に道場を開いて念仏三昧の余生を送りました。この道場が後に光明寺となります。
 南北朝の戦乱と足利一族の抗争という、修羅の時代を生き抜いてきた兼頼。康暦元年(1379)、兼頼は一心に阿弥陀仏を念じて浄土に往生しました。山形在住23年、享年64歳でした。

最上歴史記念館引用

 

家督を嫡男直家にゆずった後、 

光明寺で念仏を唱える

隠居生活を送ったとされます

 

光明寺は

現最上歴史記念館にあったのですが

最上氏が改易後に山形に入部した

鳥居氏の代に現在の七日町付近に

移転となったそうです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180502203126j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180502203208j:plain

 

 斯波兼頼の墓石

 

光明寺の境内にある斯波兼頼のお墓です

 

64歳で生涯を閉じた

波乱の人生だったでしょう

 

今、山形市があるのも最上義光と

この斯波兼頼が基礎を築き

貢献したことは山形市の歴史に

深い意味を持つ事だと思います

 

以上斯波兼頼の歴史でした

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

クリックをお願いします

 

スポンサーリンク