KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

スポンサーリンク

東根市特産 さくらんぼ佐藤錦の歴史 羽州街道を行く

どーもKABUOです

 

前回の記事はこちらになります

 

www.yamagatakabuo.online

 

羽州街道の旅も東根市まで

やって来ました

 

現在では、さくらんぼ東根駅を中心に

開発が進み、新しい町並みを

形成されておりますが

 

今回は東根市の特産でもある

さくらんぼの歴史を中心に

ご説明出来ればと思います

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328195234j:plain

 

神町駅

 

最近新しくなった神町駅から出発です

 

旧神町駅は戦後アメリカ軍が

神町に駐屯した際、使用された駅でしたが

2017年に取り潰されてしまいました

 

歴史ある前の駅舎の方が

戦後の遺産として

十分価値があったと思いますので

保存すればよかったのに・・・

 

写真を残しておけばよかったです(;´Д⊂)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328201143j:plain

 

 泉屋旅館

 

 神町駅から出てすぐ隣にある旅館です

何か昭和の香りがする旅館でしたので

ご紹介したかったです(笑)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328201956j:plain

 

小林のタイパラ

 

神町駅を出て羽州街道を

県道120号線に沿って進み

東根市の中心街に到着です

 

中心街近くの大森緑地公園には

小林のタイパラと呼ばれる

五輪塔が建っており

造立の目的や時期がまったく不明な

謎の供養塔と説明されていました

 

東根地区は縄文、弥生時代からの

遺跡や史跡もあることから

古くから多くの集落が形成されており

そんな時代の史跡かもしれません

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328214428j:plain

 

東根の松並木跡

 

東根市、さくらんぼ東根駅近くの

中心街はほとんど街道の面影は

ほとんどありませんが

 

駅入口近くに東根の松並木が

一本だけ残り天然記念物

指定されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328214352j:plain

 

さくらんぼ東根駅

 

東根市の入口、さくらんぼ東根駅

名前にさくらんぼが付く所が

なんとも可愛らしいです("⌒∇⌒")

 

佐藤栄助と東根市のさくらんぼの歴史

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328215738j:plain


佐藤栄助像

 

さくらんぼの高級ブランド

佐藤錦をこの世に送り出した

東根の偉大なる人物ではないでしょうか

 

さてこの佐藤栄助と佐藤錦の

歴史をネットで調べてみると・・・

 

もともとは味噌醤油業を

営んでいたそうですが

株で失敗して果樹農家を

志したと言われています。

 

東根市神町地区や若木地区は

米栽培に適した土地ではなかった為

果樹栽培を行ってきた歴史があります

 

そんな環境の中でしたので

佐藤栄助が果樹農家を目指したのは

必然だったのかもしれませんね

 

その開発の歴史はこちらに

記載してますのでご覧ください

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328221538j:plain

 

 佐藤錦は、大正始めに東根市で生まれたが、その誕生秘話を紹介しよう。
 東根町三日町に生まれた佐藤栄助氏は、明治41年に株投資に失敗して家業(醤油醸造)を廃業し、家屋敷を整理し松林を開いて果樹園経営を始めた。 明治のはじめに、時の政府は欧米から輸入した桜桃(さくらんぼ)を全国20県に配布し、栽培を試みたが、収穫期が日本特有の梅雨の季節と重なるためことごとく失敗し、山形県内で細々と試作されているに過ぎなかった。 

 栄助氏は、この苗木数種を買い取り、自分の果樹園に植裁し、当時開通したばかりの鉄道により関東方面に出荷できないかと考え、甘いが果肉が柔らかく保存の利かない「黄玉」と、酸味は多いが果肉が固く日持ちがいい「ナポレオン」を交配し、大正元年ころに質の良さそうな20本を選抜した。 
   
 さらに育成試験を繰り返し、大正11年に「食味も日持ちもよくて、育てやすい」新品種の育成に成功し、栄助氏の友人である現・(株)天香園(苗木商)初代、岡田東作氏はこの新品種の将来性を見抜き、昭和3年に佐藤栄助氏の名を取って「佐藤錦」と命名し、世に送り出したのである。 

 栄助氏は、「出羽錦」との案を出したが、初代、東作氏は「発見者の名前を入れた佐藤錦がいい」と押し通したといわれており、新品種の育成からおよそ80年、今もさくらんぼの王様に君臨する比類なき特性を持つ「佐藤錦」によって、今日の果樹産業の隆盛を築いたといえるのである

 東根市農林課公式ホームページ引用

 

まずホームページを見て思ったことは

 

大正時代からさくらんぼって栽培してたの?

 

日本でのさくらんぼの栽培が

始まったとされる時期は

明治初期にドイツ人のガルトネルが

北海道に植え込んだ事が最初だと

言われているそうです

 

ガルトネルについては

箱館戦争やその後の北海道開拓で起こった

開墾地租借契約をめぐり外交問題まで

発展した中心人物でもありました

 

ご興味がある方はこちらの記事を

ご覧くださいリンクをはっておきます

ガルトネル開墾条約事件 - Wikipedia

 

大正11年には佐藤錦と命名して

この世に送り出すんですから

凄い人物です

 

山形県民かつ村山エリアの人間ですが

佐藤錦や佐藤栄助の歴史については

今まで知りませんでした

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328225439j:plain

 

さくらんぼ種飛ばし大会

 

そんなさくらんぼで有名な東根市の

イベントで一際目立つこの大会

 

いつのまに

ワールドグランプリ 

 って名前まで付いています

 

東根市公認最高記録が

20m05㎝

カオスすぎる

記録を打ち立てています

 

普通1m行くかいかないかですよ

人間技とは思えないです(-_-;)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180328231944j:plain

 

そんなさくらんぼだらけの東根市は

さくらんぼの季節になれば

駅には贈呈用の佐藤錦が

ズラリ!と並んでおりますので

 

さくらんぼの季節には訪れては

いかがでしょうか

 

つづく

 

www.yamagatakabuo.online

 

[rakuten:ultra-taste:10000528:detail]

[rakuten:yamagata-fc:10000110:detail]

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

クリックをお願いします

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク