KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

スポンサーリンク

天童城趾と天童氏の歴史 羽州街道を行く

どーもKABUOです

 

羽州街道の記事を更新します

前回の記事はこちらになります

 

yamagata.hatenadiary.com

 

今回は天童城趾と天童中心に

勢力を伸ばした天童氏の

歴史をご説明したいと思います

 

天童氏の始まりとその歴史

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180313223126j:plain

 

天童城趾 中央郭跡 舞鶴山公園

 

舞鶴山は今では天童将棋祭りの

開催地でもありますがその昔

天童周辺を治めた天童氏の

天童城があった場所でもあります

 

天童城の前身は

当時、南北朝時代に南朝方の

天童を治めてた北畠天童丸が

舞鶴山に築城した事から始まり、

 

北畠天童丸は

山形に入部した北朝方である

斯波兼頼との対立と圧力により

徐々に勢力を落としていき

 

その後、青森県の津軽地方

浪岡方面に落ち延びていきます

 

北畠天童丸の天童の文字が

そのまま天童市の地名の由来となり

その後、この地を治める

天童氏に引き継がれていく事となります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180313231923j:plain

 

天童氏の始まりは

天童氏成生楯を本拠地にした

里見義成に対し斯波兼頼の弟

義宗を養子に出した事から始まり、

 

義宗死後は、最上家3代目

最上義満の弟、頼直が里見氏に

2代続けて養子に入る事となります

 

その背景には山形市を中心に

国造りを図った斯波兼頼は

親族を送り縁戚関係によって

勢力拡大を目指したと思われます

 

天童氏の繁栄と村山地域一帯の支配

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180314213626j:plain

 

愛岩沼

 

その後、成生楯から天童市舞鶴山に

居城し天童城を築城にいたり

地名であった天童氏と

名乗るようになっていく事となります

 

成生楯の歴史についてはこちらで

記事にしました

 

yamagata.hatenadiary.com

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180313234844j:plain

 

天童城趾案内図

 

天童氏は自らの子らを

東根、上山、高擶、寺津と 配置して

勢力を拡大しその勢力は

最上氏と並ぶようになり、

 

1514年、米沢を本拠地にする

伊達稙宗の軍勢が村山に侵攻した際は

 

天童氏は最上氏と共に

長谷堂城で奮戦しますが敗戦

最上氏は伊達氏の傀儡となり

支配を受ける事となります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180314215205j:plain

 

天童城趾の大ケヤキ

 

敗戦後の天童氏の行動は

村山地方北部に拠点を置く

国人との同盟関係を結び

最上八楯を結成したと言われています

 

なぜ最上八楯の結成に至ったかを

KABUOなりに分析したところ

 

伊達氏による天童城および

村山北部の侵攻に対しての警戒感が、

各地域を治める国人との利害が一致し

同盟にいたったと思われます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180314211438j:plain

 

 天童城趾中央郭 現人間将棋祭り開催スペース

 

最上八楯の構成は

天童氏、延沢氏、飯田氏、楯岡氏

尾花沢氏、長瀞氏、六田氏、成生氏

となっており、

北村山一帯を治めておりました

 

国人の名前ごとに

現在の地名が残っておりますので

誰がどの地域を治めていたかは

想像できると思います。

 

他に縁戚を配置してあった

東根氏、上山氏や高擶氏

小国城(最上町)を治めた細川氏など

強固な同盟関係を構築していき

 

天童氏は北村山の覇者へと

登り詰めていきますが

そこで立ち塞がるのが

山形城主、最上義光でした

 

つづく

 

www.yamagatakabuo.online

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村


東北地方旅行ランキングへ

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

クリックをお願いします