KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 山寺立石寺の歴史を巡る 山寺街道を行く

どーもKABUOです

 

前回の記事はこちらになります

 

yamagata.hatenadiary.com

 

前仲見世通りから進み

今回は山寺の歴史や観光スポットを

ご紹介できればと思います

 

スポンサーリンク

 

 

 

山寺の歴史を巡る

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311101849j:plain

 

名勝史跡山寺と書かれた石柱が立ち

山寺本堂の入り口になります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311102623j:plain

 

山寺立石寺本堂

 

山寺の正式名は宝珠山阿所川院立石寺

(あそかわいんりっしゃくじ)

西暦860年に清和天皇の勅命で

慈覚大師が開山した天台宗のお寺です

 

立石寺の文書では

開山を慈覚大師で開祖を安慧(あんね)と

する記述もあるそうです

 

古来より悪縁を断ち切るとされる

悪縁切りの寺としてしられております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311104639j:plain

 

立石寺は山形城主であった最上家(斯波兼頼を祖とする)と関係が深く、同家の庇護を受けていた。最上義守の母・春還芳公尼(しゅんげんほうこうに)は荒廃した堂宇の再興に努め、その孫(最上義守の子)にあたる最上義光(よしあき)も立石寺を援助した。義光の時代の分限帳によれば、立石寺には寺領1,300石が与えられている。

Wikipedia引用

 

山寺と最上家の関係はとても深く

鎌倉時代に時の政策により

禅宗へと改宗されますが

斯波兼頼が山形に入部した祭、

天台宗へと戻り再建されたとされます

 

1520年に

天童頼長が伊達氏と戦いますが

立石寺が伊達氏に加勢したため

焼き討ちを受け一山焼失します

 

その後、最上義守と義光親子により

寺院の再建に勤めあげたされております

 

寺院内を散策します

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311104454j:plain

 

清和天皇御宝塔

 

こちらは天皇の遺徳を慕い

国家の安泰を祈って権立された

清和天皇の供養塔です

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311111829j:plain

 

水子地蔵でしょうか?

大小のお地蔵が並んでおりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311111958j:plain

 

山寺の大イチョウ

 

山寺山内の日枝神社境内にある

ご神木の大イチョウの木です

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311112722j:plain

 

日枝神社

 

5月17日に山寺山王祭が行われます

KABUOはまだ見たことがないので

祭りに参加した際はブログで

記載できればと思います

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311113607j:plain

 

 こけし塚

 

こけしに関係ある方々や

こけしを持っていた故人とその家族を

供養するこけし塚です

 

人形供養と同じで

こけしを供養しているのでしょう

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311114251j:plain

 

松尾芭蕉の銅像

 

1689年山寺に訪れた松尾芭蕉

当初は立ち寄る予定では

無かったそうですが 

人々の進めにより足を運んだそうです

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311114310j:plain

 

松尾芭蕉が立ち寄る予定では

なかった事から

当時は山寺事態がそれほど

有名では無いことが想像できます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180311120227j:plain

 

念仏堂

 

こちらは山寺の行者さんの

修業の場として使われ 

 一般の方は写経ができる場です

 

ここから山門へ行き

山寺の階段を登ります

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

 

次の記事

www.yamagatakabuo.online