KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

米沢会津街道を行く 熊倉宿の歴史と別府の一里塚 熊倉宿~塩川宿編

どーもKABUOです

 

 

前回の大塩宿編からの続きになります

 

yamagata.hatenadiary.com

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211120859j:plain

 

喜多方市熊倉地区 熊倉宿
 

熊倉宿には代官所や問屋など

本陣も設けられ石高も高かった為、

裕福な宿場町として

栄えた歴史があります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211145015j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211145102j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211145133j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211151021j:plain

 

熊倉地区の現在の町並みです

古い倉も健在してますので

昔の街道の面影を

感じることが出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211145356j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211145434j:plain

 

熊倉地区の昔の町割りの看板

 

戊辰戦争の際に敗走の最中、

唯一西軍を撤退させた

戦場にもなっていると説明

 

熊倉宿から次の宿場町塩川宿までは

県道332号線が昔の街道の

通り道になります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211152730j:plain

 

県道332号線を通って行きますと、

昔の石碑等と集落が見受けられます。

 

会津若松城下から熊倉宿までは

上街道、中街道、下街道と三つありましたが

 

江戸時代の始めに下街道が

整備され主要な街道になり

現県道332号線が

その一部となっています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211154219j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211154301j:plain

 

史跡 別府の一里塚

 

別府集落の会津五街道の一つ米沢街道(今の県道熊倉~塩川線)にあり、両塚ともほぼ原形が保たれている。一里塚は、江戸時代に至って全国的に整備されたが遺存するものは少なく、会津における交通史の重要な資料となっている。現存するものは少なく、往時の様子を今に伝える貴重な一理塚。街道沿いにあり、昔と変わらず、行きかう人々を見守っている。

喜多方市観光情報サイト 引用

 

 

県道332号線を進むと

別府の一里塚に到着。

米沢会津街道を歩いた旅人の

道標になっていたと説明されていました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20180211155725j:plain

 

喜多方市塩川駅

 

次の目的地、塩川宿があった

喜多方市塩川地区に到着です

続く

 

 

yamagata.hatenadiary.com

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

 

ランキングに参加しています。 

記事の内容がよろしければクリック↑をお願いします