KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

スポンサーリンク

天童高原を行く 山口地区の歴史と高瀧山不動尊

どーもKABUOです。

 

 

天童市の面白山高原周辺に行ってきた

旅の記録ををご紹介したいと思います。

 

若松観音からスタートして天童市山口、

田麦野地区を経由して面白山高原駅まで

Cabで散策しましたので各地区歴史を

踏まえてご紹介できたらと思います。

 

 今回は天童市山口地区をご紹介できればと思います

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171122213927j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171122214052j:plain


 

原崎沼

 

1845年造られた人工の溜め池になります

説明書きの看板によりますと

ヘラブナ釣りメッカ

とのことでヘラブナが

放流されており撮影を行った日も

賑わいを見せておりました。

こんな所があるんですね

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123214600j:plain

 

山口地区にある古い道しるべを

示した柱がありました

 

左は原田 天童町、右は中上山口 

瀧山不動尊と書かれています

 

おそらくこの柱がある通りが

古くからある通り道だと思います

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171122221444j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171122221600j:plain

 

来運寺

 

通りを真っ直ぐ進むと

来運寺さんに到着します

 

来運寺さんを正面に右に

曲がり県道281号線に沿って進みます

 

天童市山口地区は近くに水晶山や

瀧山不動尊山岳信仰の地もあった事から

山の入り口いう意味で山口と言う

地名になった言われています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171122223710j:plain

 

 このまま県道281号線を進んで

天童市田麦野へ向かいます

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123221000j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123221033j:plain

 

 高滝山 光明院

 

 東北三十六不動尊霊場の

第三番場所になってるようです

あんまり詳しくないんで

スルーしたいと思います

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123223638j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123223925j:plain

 

 鳥居が見えた所に道しるべの柱が

またたっておりました

 

鳥居から左に向かうと田麦野地区で

右に向かうと高瀧山不動尊に

至ると書いています。

 

Googleマップで調べると

奥に寺院があるようでしたので

右に曲がって高瀧山不動尊に

行ってみたいと思います

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123224525j:plain

 

 ・・・・・・本当にこんな所に寺があるの?

 入り口に申し訳ない程度の

案内看板がありましたが不安が募ります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123224744j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171123225815j:plain

 

鳥居と案内板がありまして

 

 高瀧山不動尊は、神亀五年(奈良時代728年)六月、高僧「行基(ぎょうき)」が開眼したといわれ、雨呼山(あめよばりやま)から流れる水が十数メートルの滝をつくり、この滝の正面に不動尊、左に阿弥陀如来を祀っております。

 

 滝に至る周辺は、木立に囲まれ、昼なお暗く、幽邃境に瀑布がひびく霊地となっております。

 

 霊験譚は、居合いの祖「夢想神伝流・林崎甚助重信」の武勇伝のほか、眼病平癒があり、滝ノ水は「ハヤリ目」などの目の病気に良く効くと言われ、往時は近郷近在(特に山形県西村山郡)の崇拝を得て、大勢の参拝客で賑わいました。

 

 その当時は交通の便も悪く、参道は、現在の道路と留山からの沢登りの二箇所があり、多くの参拝者が訪れましたが、日帰りの参拝が出来る不動尊ではありませんでした。このようなことから、参拝者の宿舎として「籠堂(こもりどう)」が現在地に建立され、滝まで行けない参拝者や、朝のおつとめのための祭壇を設けた時代もありました。

 

 また、大勢の参拝者で賑わうことから、増築を行なうとともに、籠人(こもりびと、管理人)も常駐し、無料にて食事の世話などの仕事を行ないましたが、その費用はお賽銭などで賄うことが出来ました。当時の献立は定まったものは無く、麩や高野豆豆腐などの日持ちの良い食品と、山菜や茸などを使った季節料理が中心だったと言われております。

 

 しかしながら、現在の参道の改修により交通の便が良くなったことや、参拝者の減少などにより、平成二十一年十月に籠堂の役目を終えることとなりました。

(案内板引用)

 

案内板から人々の信仰を多く

集めていたのがよくわかります

結構有名な場所だったんですね。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171126144740j:plain

 

参道を歩いて行きたいと思います

・・・めちゃくちゃ道整備されてない!!

前日に雨が降ったので道は

滑るはぬかるむは最悪です

本当に こんなところに

寺院なんてあるんですかね

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171126145316j:plain

 

案の定、苔びっしりの階段から
転げ落ちてしまいました

最近30歳になったんですが

一度傷を負うとなかなか

回復するに時間がかかる様になり

一週間は足を引きずるはめになりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171126145954j:plain

 

途中にお地蔵様があります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171126150113j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20171126150200j:plain

 高瀧山不動尊

 天童市には三大不動尊と

呼ばれる場所があり高瀧山不動尊は

その一つになります

 

鳥居から結構奥の方にひっそりと

お寺があり裏手には滝が流れています

 

思っていたよりも神聖で

自然も多く良い場所でした

 

あんまり信仰や宗教についての

歴史を知らないのであんまり詳しく

記載はできないことが残念ですが

東北三十六不動尊霊場についての

書籍もあるようですので時間が

ありましたら補足を行いたいと思います。

 

続く

 

yamagata.hatenadiary.com

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ

 

ランキングに参加しています。 

記事の内容がよろしければクリック↑をお願いします